韓国人教授「韓日の平和のために基本条約を破棄しよう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

決して「主な流れ」とは言えませんが、市民団体を中心に、基本条約破棄に関する動きが出ています。

週刊誌の、あまり有名ではない市民団体の代表を介しての主張ではありますが、確実に存在するのは事実です。

今日はその中の一つ、チャン・ゲファン博士の主張を紹介します。

繰り返しになりますが、彼は決して「大物」ではありません。ただ、韓国ROTC(予備役将校訓練課程)中央会統一福祉委員長、行政学博士、韓国・ロシア共生委員会代表、韓国歴史領土財団理事長を兼任している人で、小物とも言えない人です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<私たちは、日本という真に不快な隣人と地球で一緒に生きている。根本的に不道徳なDNA構造を持つ日本は、いつも置かれた環境的要因により、周辺国を不快にさせてきた。歴史をさかのぼると、日本との良好な関係は、百済時代以降一度もなかった。明治維新以来、西洋の文物をまず受け入れ、産業化をしながら、経済的優位性に基づいて大韓民国を愚弄し翻弄し虎視眈々侵略の戦術での韓国の国土を眺めているのは、今でも同様である。

今日の日本との不快な関係は、韓日基本条約から始まった・・

 

・・朴正煕元大統領は、経済の活性化のために、大韓民国のすべてのものを任意に放棄した。特に千年は食っていける文化財の返還を放棄したことは、あまりにも痛い。賠償金の問題でも一方的に譲歩した。当時、金九先生が賠償金として30億ドル、李承晩元大統領が25億ドルを主張したが、朴正煕は3億ドルの賠償金で妥結してしまった。ほとんど売国の水準である・・

・・親日派の視点で韓日の問題を見てみるから、日本を中心にした条約が締結されたものであり、これを正さなければならないのに、親日派が政権を維持してきたので、今やっと賠償の結論が出てきたのだ(※最高裁の賠償判決のこと)。私たちは、この結論に満足せず、「韓日基本条約の廃棄運動」に昇華させ、文化財請求権、漁業協定巻、個人賠償請求権などを再交渉をして、日本との関係を確立しなければならない。

これは隣国である日本と恒久的な平和を持って行くために、私たちの世代で歴史を正し、後世に渡さなければならない。韓日の恒久的な平和のためである。>

http://timesisa.com/news/view.html?section=112&category=114&no=22505

 

主義主張というより、酒に酔いつぶれた人が道端に倒れ、白目で何かブツブツ言っている感じの内容です。放っておくわけにはいかないのに近寄りたくないしなんか顔が怖いし触ると声かけると絡まれそうだし、いろいろ気まずいシチュエーションであります。

なにせ、もっとも中心となるべき「だから、なんでそれが平和のためになるのか」がわかりません。

その「恒久的平和」ですが・・・これ、どこかで聞いたことがあるフレーズです。文在寅大統領が北朝鮮関連でよく言う、「朝鮮半島の恒久的平和」です。文在寅氏の言う恒久的平和は、明らかに韓国が北朝鮮の軍門に下ることにしか見えません。本コラムの教授が主張する恒久的平和とは、日本が韓国の軍門に下ることを意味するのでしょうか。

 

 

※明日(8日)から5~6日間、本ブログの更新回数が減る(多分、1日1回?)ことになります。姉と、そしてやっと回復した姪が来ますので、いろんなところをめぐってみるつもりでいます※

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5