師匠の日

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では、5月15日が「ススン(師匠)の日」です。ススンとは、日本語にするとお師匠様のことで、先生、教師よりももっと尊敬の念を込めての呼び方になります。

5月5日子供の日、5月8日オボイ(親)の日、5月15日師匠の日は、30代以上の韓国人なら、誰もが「5月の3大イベント」として記憶していることでしょう。休みは5日だけでしたが、8日は親に、15日は担任の先生にカーネーションをプレゼントしました。

ですが、いつからか、この師匠の日が「積弊」扱いとなりました。なぜなら、「寸志」文化のせいです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国で言う寸志は、賄賂を意味します。師匠の日になると、先生にお金を「プレゼント」するのが当たり前になり、そのときの寸志の金額の順番が、そのままクラスで先生にヒイキされる子の順番でもあった、と言われています。

国も学校も「寸志厳禁」などをキャンペーンしたものの、韓国で寸志文化が消えるはずもなく、師匠の日は、賄賂の日のようになり、非難されるようになりました。

じゃ賄賂をやらなければいいじゃないか・・なところですが、そこがまた韓国ならではのくだりでして。

 

「口では賄賂ダメだと言ってるけど、先生も賄賂を欲しがっているだろう」という心理と、「私が先生に賄賂(寸志)をやらなくても、他の誰かが賄賂をやるはずだ。じゃ、結果的に私の子が損をすることになる」という心理。これらのせいで、寸志文化は消えませんでした。ちなみに、この2つの心理は、韓国でほとんどの社会問題において、「悪化ばかりし、改善しない」理由の一つです。「私が欲しいから相手も欲しいはず」と「言われたとおりにしたほうが損をする」と書き換えることもできるでしょう。

そして、いつからか親からも、先生からも、「師匠の日を無くしてくれ」という主張が聞こえるようになりました。

 

<・・最近、師匠の日の廃止請願は、何度も上がってきたテーマである。昨年5月には、自分自身を17年目の教師だと明らかにし(※大統領府国民請願に師匠の日を無くしてくれと)請願した人は、「教育現場で『師匠』がいなくなって久しい」、「師匠の日になれば、教師が何かをもらいたがるだろうと思われるこの社会の雰囲気が、不便で不快だ」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190510093814889

 

ある市民団体は、過去の先生に、特に性関連のジョークを言われた経験などを書いた手紙を送る運動をしています。『私たちは感謝なんかしていない』がキャンペーンの題だそうです。

 

 

※8日から5~6日間、本ブログの更新回数が減る(多分、1日1回?)ことになります。姉と、そしてやっと回復した姪が来ますので、いろんなところをめぐってみるつもりでいます※

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+142

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5