北朝鮮「食糧支援など必要ない。開城工業団地を再開せよ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

北朝鮮が、「人道支援(食糧支援)など恩着せがましいことはやめろ。さっさと経済協力(開城工業団地再開など)しろ」と、韓国政府に露骨に要求しました。

しかし、大統領府関係者は「北朝鮮の公式立場ではない。予定通りに食糧支援を進める」としています。

韓国の地上波放送局「MBC」の報道です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・北朝鮮の対外宣伝媒体「山びこ」は今日、「(※韓国政府は)北南宣言の履行に積極的に取り組まなければならない」という文で、「根本的な問題を後回しにして、計画だの人道主義だのと空虚な戯言で恩着せがましいことをするとは、民族の志向と念願を愚弄することだ」とキツく述べました。

また、「いくつかの人道主義協力事業でこんなにも大げさに騒ぐとは、民心の欺瞞」、「北南宣言の履行に積極的に出るべきだ」と促しました。

「対北食糧支援」と直接言及こそしなかったものの、「人道主義」という言葉を使ったのは、南側が食糧支援の準備をしている状況を念頭に置いたものだと分析されます。

 

開城工業団地再稼働を要求し、韓国政府が「米国の顔色を見る」という批判も出しました。

宣伝媒体「朝鮮の今日」は、「開城工業地区再稼働問題は、米国の承認が必要な問題ではない」、「北南宣言の履行に心をこめ正しい姿勢を取れ」と主張しました。

食糧のような迂回的な支援ではなく、南北経済協力や制裁の緩和など、北が直接希的に望んでいる案件に、南側が積極的な態度を見せるべきだという圧迫と解釈されます。最近のミサイル発射なども、同じ意図だという分析です・・>

https://news.v.daum.net/v/20190512203110536?d=y

 

しかし、記事によると、韓国大統領府の関係者は、「これらは北朝鮮の公式的な立場でない」としながら、「政府の対北朝鮮食糧支援の推進方針は変化がない」と話した、とのことでして。

北朝鮮で対外宣伝メディアが話したことは、北朝鮮の執権勢力(朝鮮労働党)の意志に決まっているでしょうに。

 

 

 

※12日は、姉、姪と伊豆高原に行ってきました。楽しかった家族旅行もこれで終わり。今日(13日)の午後から通常更新に戻ります!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+146

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5