ゲマンシン(개망신)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国語のマンシン(亡身)は、恥をかかされる、体面に傷がつけられるの意味です。日本語にすると「恥をかかされる」あたりになりますが、「恥をかく」にはなりません。なぜなら、韓国語のマンシンは、「亡身した(恥をかいた)」とは言わず、「亡身された(恥をかかされた)」としか言いません。

大をつけて、大亡身(デマンシン)とも言いますが、もっと俗な表現として、犬亡身(ゲマンシン)とも言います。

今日、韓国では「ゲマンシン」という言葉が話題になっています。またもや、朴槿恵大統領が日本企業への賠償判決に圧力をかけた、という内容です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

朴槿恵政権で、大統領府の外交安保首席だった人が、裁判に証人として参席しました。

朴槿恵氏が日本企業への賠償判決を意図的に遅らせたという、いわゆる司法壟断関連です。

彼の証言の中に、朴槿恵大統領が、「賠償判決が確定すると、ゲマンシンものだ」と命令したという内容がありました。

<・・朴槿恵前大統領が在任期間中に強制徴用再上告と関連して、政府の意見を最高裁に速やかに送ることを指示しながら、「ゲマンシンものにならないようにうまく処理しろ」と言った事実が明らかになった。

最高裁が日本の賠償責任を最終的な認めると、韓国の国格が傷つけられる可能性があるとの趣旨の発言である・・>

https://news.v.daum.net/v/20190513145425396

 

この件(犬?)は、「朴槿恵は2012年の最高裁判決を犬亡身だと思った!」、「朴槿恵は、正義を犬亡身だと言った!」という風に、大きな騒ぎになっています。

「2012年判決を犬亡身だと思った朴槿恵」

https://news.v.daum.net/v/20190513145129259

「日本強制徴用判決に犬亡身を心配した朴大統領」

https://news.v.daum.net/v/20190513144504988

 

しかし、いくら何でも、大亡身(デマンシン)という言葉があるのに、大統領が俗な犬亡身(ゲマンシン)という言葉を使っただろうか?と、個人的にはちょっと疑問です。

その発言が書かれた何かの資料があるわけでもなく、証人がメモしたという走り書きがあるだけです。

でも、韓国社会にとって、本当に朴槿恵氏がこの発言をしたかどうか、韓国の現状が「犬亡身」状態なのかどうかは、大事なことではないでしょう。もはや韓国社会を支える柱の1つになった感もある「朴槿恵=悪=親日という図式」がこれでさらに強固になるのでしょうから。それだけで満足でしょう。

 

 

 

夜には、姉と話したことでものんびり楽しく書いてみます。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5