ついに「日本は謝罪しろ」表現にマタイ福音書まで登場

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

プロテスタントのキリスト教(基督教、キトクキョ)が多い韓国でも、「長老教(大韓イエス教長老教)」は特に大きな勢力となります。

その長老教の中でも、韓国基督教関連で大きな影響力を持っている「長老神学大学」の学長が、「基督教韓国新聞」に反日論を載せました。

5月10日の中央日報に載っている、現政府の反日政策を批判する内容の寄稿文に対して、「再批判」する内容になっています。

内容は大したこと無いので必要な部分だけ紹介しますが、最後が特に謎です(悪い意味で)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「日本に対する現政府の態度を見ると、まるで私たちの敵対国家または関係を断絶しても問題がない迷惑な隣人のようにしか感じられない」という指摘に対して:

「何を言う。まるで現政府が反日をしていて、日本と関係を絶ちたがっているようではないか」

・「反日は北朝鮮を利するだけで、韓国には何の得にもならない」という指摘に対して:

「敗戦した日本は、北朝鮮の南侵による戦争の最恵国で起死回生して金持ちの国となった。朝鮮半島の永遠に分断状態にするのは、日本だけに利する。そのために反共をしようとでもいうのか」

・「日本の戦略的価値をもっと現実的に受け入れる必要がある」という指摘に対して:

「侵略国日本は同盟になれない。なってもいけない。あらゆる悪行をしておいて、日本は謝罪を拒否している。彼らのために何も文句を言うなというのか」

http://www.cknews.co.kr/news/articleView.html?idxno=14368

 

しかも傑作なのは、最後の部分です。

「しかし、それでも私たちは日本国民を愛している。日本及び世界すべての国家と平和と共存を願う。『わたしは心優しく、謙遜ですから、あなたがたも私のくびきを負って、私から学びなさい。そうすれば、あなたがたのたましいが安らぎを得るでしょう。私のくびきは負いやすく、私の荷は軽いからです』」。

最後はマタイ福音書11:29~30です。

背筋が凍る気がしました。

この学長は、いったい「自分自身」を何様だと思っているのでしょうか。

「日本よ。私に学べ。じゃ安らぎが得られる」・・韓国が望んでいる「未来志向」を的確に表している気もします。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5