「私と異なる見方をするやつらは、独裁者の末裔だ」?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今日は、518(光州民主化運動、5月18日発生)の日でした。

理由はどうであれ、大勢の人たちが殺された日だし、国内でも大きなイシューになっているから、大統領がその式典で演説をしたり、犠牲者を追悼したりするのは、何も珍しいことではありません。

ただ、今日の文在寅大統領の記念辞の中に、「ああ、やっぱり」な一行がありました。いつもの大韓民国的な一行を、いつもの本ブログ的に紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それは、「独裁者の末裔でないなら、518に異なる見方などできません(독재자의 후예가 아니라면 518을 다르게 볼 수 없습니다)」です。

「私と異なる見方をするのは、〇〇だ」。この〇〇には、「悪」のキーワードが入ります。親日とか、独裁とか、右側の人たちからすると、パルゲンイとか。韓国社会において、あまりにも致命的な対人関係の誤謬、「ウリとナム」現象の現れでもあります。

518を本当に『民主化運動』だと思っているなら、こんなことは言えないはずですが。なぜなら、「518に対して異なる見方をするのは独裁だ」とする考え方もまた、独裁だからです。

 

いわゆる「ろうそく革命」とやらの元祖は、419です。初代大統領の李承晩氏を追い出した、大規模デモのことです。韓国の憲法全文にも載っています。

その李承晩氏と、彼の「大韓民国党(後に党名を変えたりもしますが)」が掲げた党是は、「一民主義」というものでした。「一つ」になるためには別の意見があってはならないというのです。こんな思想のもとに「自由民主主義」を掲げていたから、もう呆れたものです。

419で追い出された保守右派の李承晩氏と、ろうそく革命(笑)で大統領になった進歩左派の文在寅氏。その二人に、「異なる見方は悪だ」の考え方だけは、共通しているわけです。

引用したのは一行だけですが、一応、全文のURLだけ紹介します。

https://news.v.daum.net/v/20190518105655961?d=y

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5