いわゆる強制徴用原告団「解決案は私たちが決める」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「いわゆる強制徴用」の原告団が、日韓両国政府に対し、解決案を自ら提示すると宣言しました。

まだ韓国語記事は目につかないので、日本語記事(共同通信)で紹介します。

<・・原告や原告側の弁護団、支援団体は18日、南西部の光州で会合を開き、元徴用工の被害救済の具体的な方法を独自に検討し、日韓両政府に提示する方針を決めた。原告側関係者が明らかにした。

日韓の政府や企業が基金や財団を創設する案などが考えられるとしている・・>

https://this.kiji.is/502462489024693345?c=39546741839462401

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通に現金化すればいいものを、わざわざこういう話をすろのは、いい子を演出したいためでしょうか、負担を感じた韓国政府の要請でしょうか、それとも今更怖気づいたのでしょうか。

どの道、慰安婦問題などもそうですが、韓国側が望んでいるのは、「解決」ではありません。永遠に解決できないことが、韓国としてもっとも望ましいことです。

この案とやらも、「まだ具体的にどういうものかわからない」を前提にしますが、おおまかにどんなものだろうかと想像はできます。多分記事で指摘している基金の話で間違いないでしょう。日本側の「謝罪」付きの。

 

表面的には「みんなで」「力を合わせて」など空っぽのフレーズのもとに「苦心した解決案」「中道案」などを演出しながらも、実は解決を破壊するものでしかないでしょう。

関連した韓国最高裁判決があった頃から、熱心に基金の話をする人たちがいました。それらもすべて、解決案という仮面をかぶった、「解決を破壊する案」に過ぎません。

すでに存在する「基本条約」という国際法による解決を、破壊することだからです。

そういう偽善の解決案を出しておいて、後は韓国政府が「OK」を出すと、韓国側と一部の日本マスコミはこういうでしょう。「日本が合意の邪魔をしている」と。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

160+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5