握手パッシング

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

518記念式の時、文大統領は与党・野党の代表たちと握手しました。もちろん、自由韓国党のファン・ギョアン代表とも握手しました。

ですが、文大統領の後からついてきて、同じく党代表たちと握手したキム・ジョンスク女史(文在寅氏の奥様、ファーストレディ)が、自由韓国党のファン代表とだけ、握手をしませんでした。

これが、実に韓国らしい展開となりました。自由韓国党は「キム女史に、ファン代表とは目も合わせるなという特定人物の指令があった」などと問題視、大統領府が釈明するなど騒ぎになっています。韓国経済紙はこれを「握手パッシング」としています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓国党のスポークスマンであるミン・ギョンウク議員は19日、自身のフェイスブックに「キム・ジョンスク夫人はファン代表の右側にいたイ・ヘチャン共に民主党代表と握手した後、ファン代表の顔を見つめながら左側に進み、ソン・ハッキュ正しい未来党代表に握手を求めた」と書いた。

ミン議員は「(※南北首脳会談のときに)金正恩とも丁寧に握手していたキム・ジョンスク夫人がファン代表に握手せず通り過ぎた」とし「韓国と北朝鮮の和合の前に、韓国内の和合を先にしてほしい。北朝鮮人より韓国人から取りまとめてほしい」と批判した。また、「キム・ジョンスク夫人がファン代表と握手しなかったのは、「目も合わさず、口も聞かず、握手もしてはいけない」とユ・シミンの指令に従った行動だ」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190519175602033

ユ・シミン氏は、文在寅氏と特に親しいとされる元国会議員で、いまは盧武鉉財団の理事長です。

さらに大統領府は『時間が無かったからだ』という微妙な言い訳を公式に出しました。握手するのにそんなに時間がかかるとも思えませんが・・

 

最初にこの記事を読んだ時には、「自由韓国党が考えすぎだろう」と思いました。でも、(ソース記事以外にも)いくつかの記事を読んでいるうちに、キム・ジョンスク氏の様子が妙だと思うようになりました。ミスではなく、本当にファン代表が立っているのを知っていて、わざとスルーしたのではないか?な気がしました。

もし本当にそうなら、この件でもっとも問題があるのは文在寅大統領です。ファン代表をスルーして何かのアピールをするか、自由韓国党をバカにしたかったなら、奥さんにやらせるのではなく、自分でやるべきでしょう。

色んな意味で、韓国的な騒ぎだな・・と思ってしまいました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

149+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5