朝鮮末期の親韓派米国人「韓国人は約束を守らない。朝鮮皇帝は賄賂大好き」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では「旧韓末」とも言いますが、朝鮮末期、大韓帝国の時。当時、大韓帝国の皇帝「高宗(ゴジョン)」には、ホラス・アレン(Horace Allen)という顧問がいました。

もともとは医師として朝鮮に来た人で、政治とか外交とかにはそう専門家ではなかったようですし、実際これといって何かの業績が残せたわけでもありませんし、一角では「富を欲しただけの人だ」という評価もありますが、それでも当時を代表する親韓派として、韓国ではそこそこ有名です。

なにせ、「国権を日本に渡してはなりません」という記録を残した、実に数少ない欧米人(米国人)ですので。

韓国の建揚(ゴンヤン)大学が、そのアレンさんを研究するチームを構成、彼の残した文書をいろいろ見つけ出して訳してみましたが・・・「韓国人(朝鮮人)は約束を守らない」「高宗は賄賂大好きでびっくりするほど軟弱な人」などという文書が次々と出てきた、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「韓国人たちは約束はよくするけど、その約束を守るには脆弱である」

「高宗はびっくりするほど軟弱な人で、日本が彼を脅すのは容易」

「高宗のことで負担を感じず、冷静で事務的な態度で臨まなければならない」

「高宗は贈り物をもらいたがるし、賄賂が大好きで、物量攻勢を仕掛ければ何でもOK」

 

しかも、高宗の側近などに対しては「自分の利益のためだけに行動し、国家の利益や合意については全く気にしない」とする反面、韓国では最大の売国奴とされるイ・ワンヨン(李完用)外務大臣については「過去20年間、政府が任命した外務大臣の中で最も優れた大臣で、特別な判断力と勇気を持っている。皇帝の言うことを聞かなかったため、皇帝に嫌われてしまった」と評しています。

https://news.v.daum.net/v/20190520103318875

親韓派かどうかはわかりませんが、知韓派だったのは間違いないみたいですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5