韓国原子力学会「福島水産物は安全」・・市民団体が猛反発

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の原子力学会が、「極めて低線量の放射線に関する誤解と真実」というテーマで記者会見を開き、福島水産物は安全で、韓国だけでなく日本でも必要以上の恐怖が煽られている、としました。

言うまでもなく、市民団体が猛反発しています。

本ブログは出来る限り全文引用はしない主義ですが、短い記事ですので、MBCの記事から全文引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国原子力学会は、今日(21日)、ソウル中区プレスセンターで記者会見を開き、「福島原発事故後、韓日両国で放射線に対する恐怖が過ぎている」と主張しました。

彼らは「日本産食品が放射能で汚染されて危険だという主張は事実ではない」とし「一部のマスコミや環境団体などを通じて歪曲された情報が伝達され、国民が水産物を避けるなど、根拠のない不安感が高まっている」と述べました。

 

これに対し、市民団体である環境運動連合は記者会見を開き、「少しでも放射能に汚染された福島産水産物を食べたくないのは、市民の正当な権利だ」と反論しました。

続いて「原子力学会は、これを置いて「非科学的」、「放射線の恐怖」などと罵倒し、日本政府を代弁している」と言いました。>

https://news.v.daum.net/v/20190521131313795

 

他にも本件に関するニュースは難なく見つけることが出来ますが、ほぼ例外なく「なぜ韓国の学会が日本政府を代弁するのか」という論調が登場します。

引用部分にある市民団体とやらは、自ら主張している『少しでも放射能に汚染された』ものを、韓国産にも適用しているのでしょうか。

そして、韓国原子力学会、大丈夫でしょうか。「韓国原子力『協会』」じゃなく、『学会』のほうです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5