韓国外交部関係者「仲裁手続に入ると両国関係が制御不能になる」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日の仲裁委員会のことで、聯合ニュースの報道です。

まず、記事から部分引用してみます。

<朝日新聞によると、韓国外交部の関係者は、これまで非公式に韓国が仲裁委開催に否定的であるという考えを伝えていたという。韓国外交部の関係者は、日本側に「仲裁手続に入ると国民感情を刺激して、両国関係が制御不能状態になるだろう」と言ったというのだ・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・このように韓国が仲裁委開催要求を受け入れない可能性が大きいのに、日本が仲裁委カードを投じたのは、日本政府が国内情勢を考慮したからだという分析も出ている。

毎日新聞は「日本政府が仲裁委開催を要請したことは、今年の夏に開かれる参院選を狙った側面もある」とし「韓国に妥協しない姿勢を示せば、安倍晋三政権の支持基盤である保守層に歓迎されるという判断があった」と説明した。自民党関係者は同紙に「韓国に強く出れば、有権者の反応が良くなる」と本音を表わした。

ただし、この新聞は「韓国との関係悪化は弾道ミサイルの発射を再開した北朝鮮への対応に悪影響を与える可能性がある」と「情報共有の問題が生じる可能性がある」は、外務省幹部の懸念を伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190521122508665?f=p

 

昨日も同じ趣旨を書きましたが、仲裁委員会を構成して紛争問題を回付するのは、「過程の一部として踏まなければならない手続きの一つ」です。基本条約でそう定めていますから。政府間協議(両国)→仲裁委員会(両国プラス1国)で解決しよう、と。

韓国側が問題を起こし、政府間協議にも応じないで、韓国の国務総理自ら「政府は干渉できない」とはっきりしている現状(両国政府間の協議で解決されるならそもそも仲裁委員会は必要無くなります)。この状態で仲裁委構成を持ち出したのは当然のことです。踏んで登る、階段の一つなのです。その先には国際裁判所提訴があり、またその先には制裁があり、日本政府はそこまで見据えていると信じたいところです。これで「国民感情で制御不能になる」「政治的なもの」と言われましても・・・

 

日本側も韓国側も、「日本は、韓国が仲裁委員会に応じないと首脳会談しないという圧力をかけている」とする記事が多いようで、ソース記事も3分の2はそういう内容になっています。確かにそういう側面も無くはないと思いますが、G20首脳会談よりもっと広い視野で見るべきじゃないでしょうか。

『条約に記されている、当然の流れだ。これで制御不能になるような両国関係なら、そもそも制御する意味が無いと自認するようなものだ』、と。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5