スマホを「おどした」だけなのに

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

大英博物館ではMANGA展が始まるようですが(現地時間で23日からです)、韓国大統領府でも漫画みたいな展開ならありました。

本ブログでは扱いませんでしたが、「文在寅大統領が、トランプ大統領に『5月末、日本を訪問した直後にちょっとだけでも韓国に訪れてほしい』と頼んだ。トランプ大統領はちゃんと答えなかった」という情報が流れました。両首脳の電話通話内容だというのです。「ちょっとだけでも(短い間だけでも)」というのがまた何とも文大統領らしいな・・とは思いました。

自由韓国党のカン・ヒョサンという国会議員が公開した情報ですが・・当然ですが大統領府は「事実ではない」「外交的に欠礼だ」としました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

でも、21日、カン議員はSNSで「私の情報を嘘だと言っていた大統領府が、外交部の職員たちを対象に大々的なセキュリティ調査を行った」、「青瓦台(※大統領府)が内部情報提供者を見つけるために公務員たちの携帯電話を調べた」、「これこそ情報が事実だという証拠だ」と主張しました。

https://news.v.daum.net/v/20190523013216496

さすがに電話機の中に通話が録音されているわけではないでしょうけど、誰と通話したかの記録は残ります。カン議員の番号に通話、またはメッセージを送った痕跡があれば、その人が犯人にされるわけです。

 

朝鮮日報はこの件で「現政権になってから、もう保安調査だけで15回していて、常習化しつつある。でも、大した証拠が見つかったことは無いので、プライバシーの問題などで公務員を懲戒した」としています。令状なしに公務員たちの携帯電話の中身を確認するのは違法だ、とも。

https://news.v.daum.net/v/20190522031824428

 

そして、昨日、「犯人が見つかった」ようです。在米大使館勤務の「高位」外交官だそうです。

JTBCは「韓米首脳通話内容、野党議員に流出・・外交官摘発
」という記事で、「カン・ヒョサン韓国党議員、韓米首脳通話を公開・・『流出』と確認」、「首脳の間の通話、公開合意された内容以外はすべてが機密」、「外交官はカン・ヒョサンの高校の後輩」、「外交上、機密漏洩の罪」と報道しています。

https://news.v.daum.net/v/20190522201020376

カン・ヒョサン氏は「その人(犯人とされた外交官)ではない」と主張しています。

 

「事実じゃない」とした内容の証拠が出てきたわけですが、そこは大丈夫なのでしょうか、大統領府は。

慰安婦合意など様々な案件で「公開」したこともあるし、とりあえず現政府全員機密漏洩の罪で弾劾ということでどうでしょうか。

ブログのネタが減るからダメか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5