韓国企業「日本で『韓国産』と言えなくなった」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

タイトル通りの内容です。日本に進出してある韓国企業が、最近の日韓関係の影響などで事業に悪影響を受けている、とのことです。

53.1%がそういう趣旨で答えた、とも。

それは、ま、ビジネスにイメージは大事ではありますが・・なんというか、記事に書いてある内容が、どうも「ズレて」いる気がします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日韓関係の冷却で、日本で事業を行う韓国企業が困難を経験することが分かった。韓国製品を日本で販売する日本法人A社は、韓国産を強調していたフレーズを消し、広報の際に韓国産であることを知らせない。消費者が韓国製品であることを確認すると、いったん手に取った品をそのまま手放すのを見て、日本で「コリアディスカウント」を実感した。

物流業をするB社は、通関に必要な書類を追加要求されたり、手続きが遅れている場合が急に増えて、困っている。

日本の販売法人C社は最近、入札の競争でどんどん脱落している。公開入札でも同じ価格であれば、他の国の製品が選択されるという印象を受ける。

全国経済人連合会は、日本に進出した韓国企業の53.1%が、最近、韓日関係の悪化で、このように否定的な影響を受けていると答えたと26日伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190526110030475?f=p

 

・・・どうでしょうか。

全否定するつもりはありません。ビジネスでイメージは大事だし、「雰囲気が気まずくなって売れない」のもあるにはあるでしょう。でも、個人的には、「売れなくなって雰囲気が気まずい」のほうが多い気がします。

日本に来て、似たような趣旨の商品が、スーパーとか量販店とかで、同じ棚に日本産(製)、韓国産(製)が一緒に並んであるのをよくみかけます。

両方食べて(使って)みたから言い切れますが、明らかに日本のものが優れています。それにもう一つ、日本で「韓国産」として並んである一部の商品は、韓国での価格に比べて、高すぎます。

世界的に景気が良い時期でもないし、「コリアディスカウンのせいだ」ということにしたいだけではないのかな・・そんな気がしてならない、今日この頃です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5