韓日議員連盟会長「冷遇されるとは、大恥をかかされたもんだ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「冷遇された男たち」シリーズ(?)、早くも3作目です。

今日は、韓日議員連盟の会長が「そもそも行ったのが間違いだった」「ゲマンシンを自ら招いたものだ」としながら、「うちの党(与党・共に民主党)は一人も行かなかった。野党議員だけで何で行ったのか?」と話しました。

韓国語のマンシン(亡身)は、恥をかかされる、体面に傷がつけられるの意味です。大恥をかかされたとする場合は大亡身(デマンシン)とも言いますが、もっと俗に「犬亡身(ゲマンシン)」とも言います。

まるで、「責任は野党にある」のようなニュアンスです。いや、与党議員でも待遇はそう変わらなかったのではないか、と思われますが。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<カン・チャンイル共に民主党議員は最近、野党議員たちが日本を訪問して冷遇されたことと関連し、31日、「ゲマンシンを招いた」と述べた。

韓日議員連盟会長であるカン議員はこの日、BBSラジオとの電話インタビューで、「屈辱的と思われるほどゲマンシンされた」と述べた。

カン議員は「議員一人が行くにしても、事前に緻密に(計画を)立てて行くべきだ」とし「行って来て、会ってもらえず、冷遇されたって、むしろ韓日関係をややこしくする結果になったと思う」と述べた。

続いて「そう冷遇されるぐらいなら、行くべきでなかった」とし、「おそらく国会外交通商委員会で何人かの議員が行ったのだと思うが、共に民主党議員はいなかった」、「野党議員だけで何しに行ったのかわからない」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190531104851949?f=p

 

「行っても効果が無かっただろう」「ちゃんと事前に考えて行くべきだった」という話には同意します。

でも、それを「野党議員だから」「冷遇されるぐらいなら行くべきではなかった」とするのは、違うでしょう。

唯一、訪問団を迎えた(?)渡邉美樹議員も、「文政府の間はダメだ」とか言ったみたいですし・・・

与党野党の問題でもないし、政府の問題でもない。そういったところでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+172

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5