邪推、2019年6月2日

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

例のドナウ川の遊覧船沈没のことで、また妙な報道があったので紹介します。

一昨日と昨日で、韓国のネットには「現地で追悼儀式」、「ハンガリーの人たちが『韓国人のためなら何でもする』と言っている」、「愛するKポップの国の人たちが亡くなったなんて」という記事がいくつも上がっていました。

現地の人たちが事故の犠牲者たちを追悼してくれたのは有り難いことですが、確認された死亡者全員が韓国人というわけでもないし、遊覧船沈没事故に関するインタビューでKポップの話をするかな?と、いろいろ疑問でした。

今日、現地で実際に遊覧船に乗ってみた記者が書いた記事によると、雰囲気は全然違うようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

現地の遊覧船営業はいつもどおりで、夜(夜景のおかげで夜が人気だそうです)の運航はどこも売り切れ、事故に関するこれといった告知もなく、案内放送に韓国語が無かった、というのです。

むしろ、「事故があったからこそ、イメージが悪くならないようにもっと広報しなきゃ」という雰囲気だとか。

https://news.v.daum.net/v/20190602145103995?d=y

 

事故があったのは悲しいことで、捜索にも協力するけど、政府が適切な措置を取るだろうし、イメージが悪くならないようにもっと頑張るよ、と。

それは、韓国が「期待していた(?)」現地の反応とは、距離があるものでした。特に記事は、「遊覧船営業を続けていること」が凄く意外だというニュアンスです。

なにせ、一昨日と昨日の韓国側の記事で伝わってくる雰囲気とはあまりにも別世界です。

 

あまり考えたくないことではありますが・・現地で追悼に来てくれた人たちから、それっぽい返事が出てくるように誘導しながらインタビューした内容で「Kポップがどうとか」と記事を書いたのではないでしょうか。または、すべて「想像」で書いた記事、とか・・

もしそうなら、それこそ遊覧船事故に負けず劣らずの大惨事です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+188

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5