ハンガリーの韓国大使館「我々にはセウォル号の(調査)経験がある!」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ドナウ川の遊覧船沈没、続報です。

韓国政府が、ハンガリー政府が進めていた沈没遊覧船の引き上げをやめさせ、「加害者」とされる(まだ原因は不確かです)バイキングシギン号の差し押さえを要請したことがわかりました。「事故の原因と今後の賠償のため」だそうです。

JTBCから引用してみます。

<・・バイキングシギン号の船長はまず拘束されたが、肝心の船体は、ハンガリーから離れて久しいです。ハンガリー政府が船体の調査を終えて、必要な証拠を確保したとし、出航を許可したからです。現在、最終目的地であるドイツに到着したと思われます。韓国政府は、ハンガリー政府にバイキングシギン号の仮差押えを要求しました。事故原因の調査と今後の賠償過程などのためにです・・>

https://news.v.daum.net/v/20190603184818468

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

また、ハンガリー政府が進めていた沈没遊覧船の引き上げを「事故原因の調査が先だ」としながら、潜水調査を先行するようにした、とのことです。ハンガリーの韓国大使館は「私たちにはセウォル号の(調査)経験があるし」と話していますが(同URL)・・自慢するようなことでしょうか、それ。セウォル号自体がそうですが、散々潜水調査して、実績は全然無かったような。

 

でも、私が知っていることに間違いが無ければ、ですが・・バイキングシギン号はスイス籍の船舶です。

なんだかんだでハンガリーはまだEU所属ですが、スイスは違います。バイキングシギン号を所有しているハンガリーの会社に責任を問うこととは別に、国際法に基づいた手続きが必要のはずですが・・そういうのは一切書いてありません。

 

世の中には様々な事故事件があり、その被害者には相応の権利が保障されるべきです。でも、「加害者になる権利」だけは、誰にもあってはなりません。

この件だけでなく韓国社会全般に言えることですが、韓国では「被害者になった=加害者になってもいい」という恐ろしい図式が成立しています。

ハンガリー政府も今頃「韓国の要請は、気持ちは分かるけど、なんか違和感があるんだよな・・」と思っているかもしれませんね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+175

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5