韓国政府関係者「日本の水産物検査強化は稚拙で拙劣」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

日本が韓国の水産物検査を強化した件、韓国政府が「無対応で対応する」という考えのようです。無対応なのか対応手段が無いのかはともかく、やはり「報復だ」ということを強調しているのが気になります。

本ブログでもちょっとだけ心配していたことではありますが、やはり韓国政府は「水産物検査は各国の権限だが、今回日本がやったことは報復にすぎない」とし、韓国産水産物には問題がないというスタンスを取るつもりのようです。

MBCの報道です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・政府のある高位関係者は、今日の取材陣と会って、「輸入水産物の検疫を強化するのは、世界中のすべての国の固有権限ではあるが、これがもし紛争敗訴による報復措置であれば、非常に稚拙で拙劣なことだ」と言いました。

この関係者は、「紛争敗訴で福島水産物の事案は最終的な結論があったにもかかわらず、日本政府が自国世論を意識して無理しているようだ」とし「しかし、韓国政府は引き続き無対応基調を続けていく」としました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190604151612369

 

繰り返しになりますが、本当にそう思っているなら無対応ではなく何かの対応措置を取るはずです。「しない」で「できない」を誤魔化しているというのは、一応、韓国に不利な展開になっているという反証でもありましょう。

でも、やはり「WTO敗訴」「報復」「対抗措置」という話は、この件では強調しないのがいいと、本ブログは一貫して主張しましたし、今もスタンスは変わっていません。

重要なのは、「韓国水産物に問題が多い」ということ、すなわち国民健康であります。

いわゆる強制徴用問題で、日本が何かの対応措置を取ったとき、思いっきり「対抗措置」と書きたいところです。

 

 

あ、そして・・「ゴジラ(ハリウッド版)」を見ました。ハリウッド版を見て「面白かった」と思ったのはこれが初めてです。いままでのゴジラシリーズを「愛している」人たちが作ったということが、ちゃんと伝わってきました。

「古代エジプトよりも古い」とされる古代文明が出てくるシーンがありますが、その文明の壁にカタカナで「ゴジラ(縦書き)」と書いてあって、これはこれで面白いと思いました。「ゴジラ」という名前は「ゴリラ+クジラ」だとどっかで聞いていたのですが。

ゴジラのテーマや「もすらーやーもすらー」の音楽(歌詞はありませんが)もちゃんと流れるし、いろいろ楽しめました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+156

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5