韓米、戦時作戦統制権の譲渡プロセスに合意

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

二日前のニュースですが、お伝えします。

本ブログで2~3回扱ったことがありますが、「米軍が戦時作戦統制権の譲渡にスピードを出している。自分自身の責任を軽くするためではないのか」な話。

その話に進展がありました。

時期はまだ言及されていませんが、戦時作戦統制権譲渡の具体的なプロセスに合意したとのことです。また、新しい韓米連合司令部の長は韓国軍の人にする、と。多分、公開されていない情報におおまかな「時期」も入っているのではないでしょうか(チラチラ

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓米国防長官が今日(※3日)戦時作戦権を韓国軍に渡す方法と手順に合意したというニュースで今日のニュースを始めます。韓米連合司令部を「未来連合司」に名前を変え、その司令官を韓国の四星将軍が引き受けることにしました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190603194011378?f=p

 

「未来連合」司令部ですか。適当に作った弱小政党名みたいな気もしますが。

実は、米軍が韓国軍に「平時(非戦時の)作戦統制権」を譲渡したのは、盧泰愚大統領のときです。

表面的には盧泰愚大統領が譲渡してもらうために頑張ったということになっていますが、そのきっかけは、光州民主化運動だと言われています。

光州民主化運動を見た米軍が、「なんだあれ・・平時の作戦統制権を私たちが持っていると、私たちにも責任が及ぶのでは」と心配して、それが平時作戦統制権の譲渡を議論するようになったきっかけだというのです。

 

今回の「戦時」作戦統制権も、同じ流れではないでしょうか。文在寅大統領と韓国の歩みを見て、「なんだあれ・・」と思って、米軍の負担(責任)を減らそうとしているのではないでしょうか。

余談ですが、米軍が他国軍の司令官の指揮下に入るのも、極めて異例なことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+141

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5