北朝鮮「光復軍を美化するのは歴史歪曲にすぎない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

北朝鮮は、朝鮮半島の歴史に対し、韓国とは違う見方をしている部分があります。朝鮮についても、新羅(統一新羅)についても「ダメな国だった」としています(高句麗と高麗については高く評価しています)。

そもそも、半万年の歴史がどうとかの「上古史」を主張しているのは韓国と同じですが、その歴史の「連続性」を韓国ほど大事にしていません。歴史の中でもっとも偉大な存在が今の北朝鮮で、金日成が北朝鮮の「始祖」であるため、それ以外は二の次だというスタンスです。

その中でも、韓国が国の前身としている臨時政府についても、北朝鮮は「ブルジョア階級どもの抗日ごっこ」と、あまり快く思っていません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

特に、金日成が白頭山周辺で抗日闘争をしたことだけはまさしく「正統性」として大事にしていて、金王朝を「白頭血統」と呼んでいる北朝鮮。

そのこともあって、南北は「反日」という価値観についてはほぼ文句なしに一致していますが、「抗日」となると、見方が随分変わります。

韓国は「終戦がもう少し後だったなら、光復軍が日本を倒したはずだ」としています。しかし、北朝鮮ではそうではありません。

 

<・・北朝鮮の対南宣伝媒体である『ウリ民族だけで』は2015年10月に掲載した記事で、キム・ウォンボンが主導した光復軍に関し、「蒋介石政府に沿って重慶まで流れていった上海臨時政府が、日中戦争が長期化するのを見て、1940年9月に組織した右派武装団体」と規定した。

また、「わずかな人員しかなかった光復軍を『日帝敗亡に決定的な貢献』とし、それが祖国解放の『結果』を導いた云々するのは、自画自賛と美化を越え、完全な歴史歪曲だ」と切り下げた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190607113709422?f=p

 

それを言うなら、金日成もちゃんとした実績は無いと思いますけどね。

とりあえず、韓国では今日も「キム・ウォンボンが~」と、左右でいわゆる「色」争いに盛り上がっています。

しかし、北朝鮮は「あいつら、なにやってんだ」「キムウォンボンって誰?」と思っているのかもしれません。

韓国で生まれ育った私も、キム・ウォンボンという人について聞いたのはつい最近ですし・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+136

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5