「非妥協・暴力主義」の暴力抗日団体、韓国で「100周年記念事業」推進

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

明日(9日)朝の更新が不確かで、もう一つ深夜更新します。

朝鮮義烈団というものをご存知でしょうか。日本側のネットだと『義烈団』でウィキページがあります。

1919年から1935年まで活動したとされる抗日団体ですが、その特徴は、とにかく「暴力」で物を言わせたことです。

韓国の大手ポータルサイト「DAUM(ダウムカカオ)」のネット百科事典によると、こう書いてあります。「1919年、中国・満州の韓国人の民族主義者たちが、非妥協・暴力路線を志向して作った抗日独立運動団体」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

彼らは「社会主義と無政府主義、どちらにも偏らない民衆暴力運動を理念とした」とのことでして。実際、やったことは「~に爆弾を投げた」など、全てがテロ活動です。

最近話題(?)のキム・ウォンボンが、この団体の創立メンバーにして団長でした。

社会主義と無政府主義どちらにも偏らないというのは、両方を支持するという意味でもあるでしょう。

 

韓国で、彼らの100周年記念事業が推進されています。

<・・8日、政府関係者と抗日運動団体の関係者などによると、「朝鮮義烈団創立100周年記念事業推進委員会」(推進委)が27日、ソウル汝矣島光復会館で発足式を行い、本格的な活動を開始する予定である・・

・・朝鮮義烈団はキム・ウォンボンを団長として活動した代表的な抗日独立運動団体だ。 1919年11月、中国満州吉林省で結成された義烈団は、1920年代日本要人暗殺と植民地支配機関の破壊など各種『義挙』を導いた主要な秘密結社である・・>

https://news.v.daum.net/v/20190608093027132

政府関係者がどうとか言ってるのを見ると、これもまた形だけ「民間がやっていること」にして、実は政府も支援しているというオチじゃないでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5