ウリの「夢」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国で「労働組合」が問題になっているのは目新しいことでもありませんが、その労働組合の中でどんなことが起きているのか、想像もつきません。

この前、エントリーした建築関連のエントリーでも「不思議な制度もあるものだな」と思いましたが、今日は韓国最大の港である釜山港の労働組合についてお伝えします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・釜山港湾運送労組は、一般的な労組とは特異な形だ。釜山港湾運送労組は就職すると組合員になる「closed shop」ではなく、労組加入さえすれば港湾業者に就職できる「pre-entry closed shop」である。就職するには、労組加入が優先だ。

しかし、加入手続きが不十分で客観的な昇進の基準も用意されていないため、雇用、昇進などの際に金品提供の誘惑が絶えないというのが、釜山港湾運送労組を捜査した検察の判断である。

 

※最近は為替レートが崩れていますが、1円≒10WON程度に換算すれば大まかに合います※

過去には組合への登録1千万〜2千万ウォンが必要だったが、近年、人気のある支部に登録するには、3千万〜5千万ウォンの裏金が必要とされる。

労組に加入出来てもそれで終わりじゃない。

助長への昇進に5千万ウォン程度、班長への昇進には7千万〜8千万ウォンを上納しなければならないということが、組合員の伝言だ。

20〜30人の組合員を管理する班長は、仕事はあまりせず年俸7千万〜8千万ウォンももらえるため、港湾運送労組では「夢の補職」と呼ばれる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190610163116339?d=y

 

ああ、凄いな・・と思いました。もちろん、ものすごく嫌な意味での「凄い」ですが。

現代自動車労働組合にも、仕事はほとんどせず(労働組合関連の仕事しかしない?)高額の給料をもらう人たちが多いと聞きましたが。

これが彼らの言う「民主化」の結果なら、軍事政権時代の労働組合弾圧のほうがまだマシだったのではないか、そう思わずにはいられない今日この頃です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+162

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5