慰安婦の遺族、朝日新聞に「支援金受け取りたいけど、出来ないでいる」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「いわゆる」慰安婦の遺族たち・・の一部が、朝日新聞とのインタビューで「支援金を受け取りたいけど、財団が解散してしまって、受け取ることができないでいる」と話しました。記事の内容からして、慰安婦保護施設「ナヌムの家」とは関係ない人たちのようです。

<日韓慰安婦の合意に基づいて発足した「和解治癒財団」が解散され、被害者と遺族に対する救済手続きが遅れている。財団事業の中断に慰安婦被害者と遺族の支援金支給が停止されています・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・10日、日本の朝日新聞は、韓国政府が昨年11月に和解治癒財団設立許可を取り消しし、財団に助成金を申請した慰安婦被害者2人と遺族13人が支援金を受けていないと伝えた。一部は、朝日とのインタビューで、これに対する不満を間接的に示した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190610105334393?d=y

 

色んなことを、垣間見ることが出来るニュースだな・・と思いました。「そもそも、韓国は反日に関する各種事案の解決を望んでいない」というのが本ブログの持論でして。解決されたら「使えなく」なりますから。

被害者(被害者とされている設定の人たち)を救済することに対しても、実は韓国は何とも思っていません。本当は、「早く全員死なないかな」と心待ちしていることでしょう。秘密維持にもなるし、悲劇のヒロインにもできるし、なにより、それこそ「永遠に使える」存在になるわけですから。

だから、前面に出て騒いでいた人たち(基本的にはナヌムの家・挺対協側の慰安婦)以外は、記事のようになることもあるでしょう。記事でインタビューした人たちは、共通して、貧しい人たちのようです。韓国内でも、独自に結構な支援があると聞きましたし、関連した資金の詐欺事件のニュースとかもありましたが・・それも「前面に出て騒ぐ」人たちに限られているのでしょうか。

「被害者中心」という文在寅政府の主張が、聞いて呆れます。

 

本エントリーはニューシースの記事をソースとしていますが、朝日新聞の記事は、多分、これ↓だと思われます(登録が必要のようです)。

https://www.asahi.com/articles/ASM655QP6M65UHBI01H.html

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+157

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5