「自由韓国党の解散」請願に対する大統領府の答え

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国大統領付の国民請願「自由民主党を解散させろ(188万人同意)」「共に民主党を解散させろ(33万人同意)」について、大統領府が返事を出しました。

確か、20万人超えると返事をすることになっていましたっけ。

大統領府は「涙を流しながら我が子をフェチョリで打つ(昔の体罰の一つ)母親のような気持ちで、国民の皆さんは政党の解散を請願したのだと信じている」としながら、このように答えました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「・・(※長いのでかなり前略)請願の内容ように、解散以外の他の方法がないのだろうか。政府の政党解散請求は民主主義を守るための制度であると同時に、私たちの社会の葛藤を煽り、政党政治が根を下すのに邪魔になる可能性もある。

よって、政党に対する評価は、主権者である国民の役割だと考えている。憲法の精神を守る主体は国民であり、国民は選挙を通じて主権を行使する。政党解散請求は、政府の権限でもあるが、主権者である国民の分け前としてお返しすることが、望ましいと思う」

https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190611500050&wlog_tag3=daum_relation

 

よくある「選挙で審判しようぜ」タイプと言えるでしょう。無難にまとめたと言えなくもないですが・・言ってることとやってることが、あまりにも合っていません。

今の文在寅政府は、朴槿恵前大統領の弾劾あってこそのもの。あのとき、朴槿恵大統領の任期が終わるまでの数ヶ月間、「待つ」という選択もあったはずです。「選挙で審判する」こともできたはず。

それを「革命」と評価している今の政府、いや今の韓国社会が、「選挙で審判しようぜ」と言いましても・・・

説得力がないというか、「信頼できない」というか、そんなところです。

あと、私にはこの件、国民が「子を叱る気持ちで涙を流しながら」やったイメージはありません。「パソコンの前でニヤニヤしながら」やったイメージならありますが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+150

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5