日本を信頼出来ません75%、韓国を信頼出来ませんん74%

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国側のマスコミから「極右勢力が韓国に嫉妬しているだけで実は国民は仲がよいのだ」主張を随分前から聞いていますが、現実はそうでもありません。

<韓国人75%、日本人74%が、それぞれ相手国を「信頼できない」と答えたという世論調査の結果が出た。

読売新聞は、韓国日報と先月24〜26日共同世論調査をした結果を11日公開した。報道によると、韓国で日本を信頼することができないという回答は75%であった。日本で韓国に対してこのように答えた割合は74%で、同じ質問をした1996年以来、14回の調査で最も高かった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190611102531703

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国側の75%は、教育や道徳など、「社会そのもの」の影響もあるでしょう。でも、日本の場合はそんなことも無いのに74%。

今の状況で「信頼できる」と思うほうが不思議なものではありますが、この数字が増えることは、日本にとって良いことであると信じています。

 

ただ、一つだけ・・韓国側の場合、ちょっと「低すぎるかな」とも思えます。一例として、読売新聞のアンケートでは「和解治癒財団(慰安婦合意の財団)解散」に韓国人の56%が「納得できない」となっていますが(日本74%)、去年9月時点の別の韓国内のアンケートで、財団解散に賛成66.1%、反対24.5でした。合意そのものを破棄・やり直すべきだとする意見が75.8%。

http://www.newsjeju.net/news/articleView.html?idxno=319547

 

日韓関係において、観光客が多いから~Kポップが人気だから~とかそんな話も耳にしますが、それは違います。それを言うなら中国からも大勢の観光客が日本に来ているわけですし・・

本ブログは「Kポップが好きなら聞けばいいし、韓国旅行に興味があるなら実際に行ってくるといい」というスタンスです(旅行や音楽そのものより韓国側の反応が嫌でオススメはしませんが)。それは本人が自分の意思と責任で決めることです。全ては時間を使う形の一つ。楽しかったなら、それは意味がある時間だったと言えるでしょう。

でも、少なくとも韓国が主張する「それらが『結果』と同じである(またはそうなるべき)」というのは、ただの誤謬です。

 

料理に甘い成分を入れたとすると、調理がその成分の分だけ甘くなったのは事実でしょう。でも、だからといって、出来上がった料理が「甘い味の料理」だとは言い切れません。一つの要因が、「結果」に相応の分の影響を及ぼすのは事実だとしても、結果には様々な要因があり、判断力を持つ国民ならそれらの要因に自分の考えなりの「重要性」を認識できます。日本の場合、だからこそ「反韓教育無しにこの結果」が出てきたと言えるでしょう。本エントリーのデータは、そういう「結果」です。

好きでも嫌いでもいいから、「韓国が信頼できない」というこのスタンスだけは続いて欲しいところです。人が言を守ってこそ(たのもしいと思えてこそ)の信頼ですから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+184

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5