韓国自営業の変化

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

家計負債関連、老後問題、いくつかの側面で、本ブログでは不定期に「韓国の自営業」関連のエントリーを書いてきました。

簡単にまとめると、こうです。

・韓国はもともと自営業が多い国。ずいぶん減ったけどそれでもまだまだ多い。一般的に多いとされるイギリスより多い。ちなみに日本はサラリーマンが多い国

・朝鮮戦争後、急激に都市(ソウル)に流入した人たちが自営業をやるしかなかったという事情もあるが、大企業の国内雇用創出が低いのも理由(韓国の上位30社合わせてもトヨタと同じぐらいの雇用しか出来ていない)

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・IMFやカード大乱で借金が増え、たものの、それでも借金に頼って自営業を続ける人が多かった。自営業の数も飽和状態に

・ベビーブーム世代の引退が始まったものの、年金で暮らせる状態ではなかった。退職金で「二次創業」をして、彼らも自営業者に加わった

・ノウハウ無しの創業だったため、いわゆる「飲食・宿泊」業がほとんどだった。韓国に溢れかえっている飲食店、住宅街近くでもよく目にするモーテル(ラブホテル)などもその影響によるもの

・当然のことだが適当な創業でうまくいくはずもなく、飲食・宿泊業の場合は「創業してから5年後に生き残っている比率」が18.9%にしかならない(10店の8.1店は5年内に潰れる)

 

そして、そのパターンに新しいトレンドが加わったみたいです。「20代創業」です。記事によると、「どうしようもなくなった50代が店を閉め、どうしようもなくなった20代が店を開く」とのことでして・・

あくまで記事内の情報だけによるものですが、いままでと違う点は、以下のようです。

・20~30代の創業が増えつつあるが、すでに飽和状態

・退職金ではなく親の金で店をやる

・ノウハウではなく「これならいける」という閃きを信じる

・・・・といいつつ、飲食・宿泊業がほとんど

・20~30代も、自分の技術に関係なく飲食業ばかりやる。自治体などがこれを支援しているのも問題

・どうしようもないという理由で始めた「生計型」創業は、いまのところ間違いなく失敗すると見るべきだ

https://news.v.daum.net/v/20190616060704681?d=y

 

特に驚いたのは、記事のインタビューの人が何のためらいもなく「親の金でやる」と言っている点です。ある意味では儒教社会の、韓国。「親の面倒は子が見る」という鉄則がありました。20年ぐらい前までは。風潮が消えるというのはよくあるものの、ここまで逆になるのもどうかな、って気もします。

政府からすると失業率が下がるからいいかもしれませんが・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+140

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5