韓国の専門家、企業出捐案に「韓国が譲ったから日本は積極的に応じるべし」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「日韓両国の企業が (いけない薬でもしたのか ^q^) 自発的に出したお金で解決しよう」案についてです。

韓国内の、いわゆる「日本専門家」たちは、予想通りの主張をしています。ヤン・ギホ聖公会大学、日本学部教授の異見です。いろいろ言ってますが、G20関連の部分を引用してみます。

<・・少なくともそれはホスト国、だからG20のいわば議長国である日本が、ある国と首脳会談をする、しないと言うのは大変な欠礼です。これまでの外交で慣行上ありえない話です。それ自体だけで、日本はかなりの批判を受けて当然なのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そして今、日本側から韓国との首脳会談は無いという話も出ていますが、私は、おそらく適切なタイミングで28日か29日に略式でも韓日首脳の簡単な会話があるだろうと考えています。難しいときほど、少なくとも私たちが譲歩し、提案をしたわけだから、日本側も積極的に応えて、正しく実現させていく双方の努力が必要です。そのような点では、適切なタイミングで、28・29日中に簡単な首脳会談が非公式にあるのではと思っています。

また、私たちもG20、韓国と中国の間に首脳会談がありますが、韓中首脳会談。そして終わってからトランプ大統領がソウル訪問して韓米首脳会談があり。数日前、また北朝鮮と中国の間に北中首脳会談があったではありませんか。そのような点で、朝鮮半島の非核化を軸にして、新しい転換点が作られつつある状況であるため、このようなものも集めていけば、日本側は付いてくるでしょう。私はそのよう見て、楽観視しています・・>

https://news.v.daum.net/v/20190621132700343?f=p

 

去年9月、2回目の南北首脳会談のあと、大統領自ら「北朝鮮は真正性を見せた」と話すなど、マスコミや知識人たちが「もう米国が答える番だ」と騒ぎ、米国に「北朝鮮が要求する相応の措置」を要求したことがあります。マスコミは、「こういう措置がいいな」と具体的に記事を書いたりもしました。言うまでもありませんが、北朝鮮はこれといって非核化措置などしていません。

今回の件も、何もしていないのに「こちらは譲った。異論は言わせないぞ。今度はお前が譲る番だ」とするところが、「北は~米が~」パターンに似ている気もします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+161

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5