安倍総理「日本は国際法を守ってきた。もう韓国が守る番だ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

安倍総理が日テレ「ウェークアップ・プラス」に出演し、いわゆる強制徴用問題でいろいろ話しました。

本エントリーのソースはウェークアップ・プラスではなく、今日の中央日報の記事からの引用となります。

<・・司会者「総理も、韓国の提案を絶対に受け入れることができないという立場であるのですね」

安倍総理「請求権協定とは、日本と韓国の間の国際的な約束であり、条約である。韓国は国際約束に反する対応をしている・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・(日本企業に賠償を命じる)判決が韓国で出てきたが、国際法上あり得ない判決だと思う。その意味で、韓国は国際法に合った対応をしなければならない。日本は依然として対応していくだろう」

司会者「現在の日韓関係をこのまま引っ張ることはできないはずなのに、どうやって打開するつもりなのか」

安倍総理「先に韓国側が正しく判断しなければならない。徴用問題についても、また慰安婦の合意でも、日本は誠実に国際法に従った、両国の約束に基づいて対応してきた。今回は韓国が確実にそのような対応をする番だと思う」・・>

https://news.v.daum.net/v/20190623165150913

 

記事の題は「安倍、韓国に砲門・・もう韓国が国際法と約束を守る番」です。最初の「ですね」以外は、なぜか敬語ではありませんが、それは記事原文ママです。多分、番組では全て敬語だったのでしょう。

韓国で「砲門」と書くと、「砲門を開く」の意味です。「国際法を守れ」がなぜ砲撃になるのでしょうか(笑

 

安倍総理が自らこんな話をするのは、最近あまり見なかった気もします(私が知らなかっただけかもしれませんが)。

前にも同じ趣旨を書きましたが、「国際法」関連の話を強調したのは本当に良い判断だと思います。企業がお金を出して渡せばいいというものではなく、まずは韓国が「国際法違反状態」にあることに、韓国が自ら気づかないといけないわけですから。

安倍総理自らTV番組に出演して、「韓国は国際法を守れ」と言ったことは、意味があると言えましょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+185

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5