反応(?)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、東南アジアのゴミ問題が大きなイシューになっています。

基本的に、2017年から中国がゴミを受け入れないと宣言し、東南アジアに各国のゴミが入るようになった、と言われています。一応、輸出・輸入ではありますが、ゴミを処理できなくなった東南アジア各国は、米英からのゴミを返送したり、外交的摩擦ともなっています。

韓国でも、「ゴミの山(放置された廃棄物処理施設)」や、フィリピンに「違法で(中身を騙して)」輸出した約6000tのゴミが国際問題となり、韓国政府が持ち帰る手続きをおこなっています。

そんな中、こんなニュースがありました。

<最近、中国に続き、東南アジアまで、環境汚染などを理由に、先進国のゴミを受け入れないと宣言しながら、全世界がゴミ問題で疲れつつある。このような中で、日本が東南アジアのゴミ処理をすると、掃除の役割を自任した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

23日(現地時間)日経アジアレビュー、クォーツなどによると、日本政府は、日立造船、JFEエンジニアリングなどの民間企業と一緒にコンソーシアムを構築し、東南アジアで廃棄物管理事業に飛び込む。

フィリピン、シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシアなどのゴミ処理からリサイクル、エネルギー変換などパッケージでの技術を伝授するという目標だ。すでに政府は今年の予算案に20億円の予算も含めて受注活動に使う予定である・・>

https://news.v.daum.net/v/20190625071604337?d=y

 

今回のG20で、関連発表があるだろうとのことです。

日本の場合は、観光客の増加もあってゴミが増えつつあるけど、ゴミ輸出は去年より30%減り、中国へのゴミ搬入は10分の1になるなど、ゴミ問題に積極的に取りかかっている・・と書いたソース記事ですが、結局は「自分たちが困るからいまさら動いた日本」という書き方で終わっています。

他の記事でも、「日本が自分で東南アジアの掃除屋を名乗っている」などの書き方がメインになっています。

ソース記事のコメント欄は「日本は東アジアゴミだからそのまま日本に」「福島に積んでおけ」など、記事内容も理解していないものが多く目につきました(本文は、ゴミを日本が日本で処理するというものではなく、東南アジア現地で処理できるようにリードするという意味)。

記事の題が「日本がごみ処理を代わりにやると言っている」だから、題しか読まなかったのか、それとも文章理解力の問題か。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+168

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5