韓国教育部、国定教科書163ヶ所を無断で修正か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

教科書の場合、修正する際には手続きが必要で、教科書を執筆した人、基本的には「代表著者」とも事前に相談しないとけないことになっています(だそうです)。

ですが、文在寅政府が出来て間もなく、教育部(日本の文部科学省のような部署)の人たちが、嘘の手続きで、小学生用の国定教科書163ヶ所を修正したことが明らかになりました。

「1948年大韓民国樹立」を「1948年大韓民国政府樹立」に、「朴正煕維新体制(一般的に維新憲法とされる憲法のもと、戒厳体制を強化していた時期)」を「朴正煕維新独裁」に直したりした、とのことでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<教科書の内容を修正するには、教科書を書いた執筆者の同意を必ず必要です。検察の捜査の結果、文部科学省課長が執筆者にも知らせず、教科書の内容を修正しました。ムン・ジェイン政府が始まって間もなく行われたことです・・

・・「大韓民国樹立」が「大韓民国政府樹立」に改めました。建国の年を1948年ではなく、臨時政府樹立時点である1919年と見たのです。北朝鮮の安保脅威などの内容も削除されました。

ところが、検察の捜査の結果、教科書の修正が執筆者の同意なしに無断で行われたものと明らかになりました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190625201049774

 

<・・「1948年大韓民国樹立」を「政府の樹立」に、朴正煕政権「維新体制」を「維新独裁」に変えるなど、163所が修正されました。

検察の調査結果、内容を変えたのは、教科書の執筆者ではなく、教育公務員でした。

教科書執筆責任者であるパク・ヨンジョ教授が、「政権が変わるたびに、教科書を修正することはできない」と修正を拒否すると、パク教授を排除した後、他の教授に修正するように指示しました。パク教授が修正したように見せるため、偽の協議記録を作り、パク教授のハンコを任意に押しました。

大韓民国の建国の時点を1948年ではなく、1919年臨時政府樹立と見る現政権の歴史観が反映された結果だ、との推測も出てきています。

また、教育部が主導したという批判が起きることを懸念し、知人の教師に頼んで「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に変えてほしいという請願を、国民請願掲示板に載せました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190625211505001

 

「国民が望んでいるぞ!」と見せるために、知人に請願を書くようにする、と・・溢れる請願の存在意味(?)の一角が見えた気もします。

どの記事にも「教育部の課長」「教育部公務員」としかなっていませんが、課長クラスがやったとは、とても思えません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+142

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5