日本政府ブリーフィングで「日米韓共助」が消える

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」・・ではなく、アベガークリスティ「そして何もなくなった」シリーズです。

日本側の韓国に関する説明、いままで「価値観を共有」を初め、いろいろと無くなりましたが、ついに北朝鮮問題で「日米韓共助」という表現も消えた、とのことです。

中央日報の記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本政府は、(※日米首脳会談のあとの)ブリーフィングで、「北朝鮮の非核化問題と関連し、両首脳は、国連安保理決議の完全な履行の重要性を含めて、両国の立場が完全に一致していることを確認した」とし「日米が続けて連携していくという方針を再確認した」と発表した。

西村康稔官房副長官は、「最近あった中朝首脳会談を含む最新の北朝鮮情勢を確認し、両首脳は、かなり長い、間綿密に立場を調整した」と説明した。北朝鮮の核問題と関連し、米日vs中露北の構図が強まる状況で、日米両国首脳がかなりの時間を割いて、北朝鮮問題を議論したという意味である。

日米共助とともに日本側のブリーフィングでよく登場した「日米韓共助」という表現は、今度は無かった・・

 

・・日韓会談と日米韓首脳会議が無かった代わりに、2018年アルゼンチンG20に続いて、日米印の3カ国の首脳会議は今回も開かれた。日本が主導する「自由で開かれたインド太平洋構想」に力を入れようとする安倍総理の意向が反映された・・>

https://news.v.daum.net/v/20190628134347837

 

一つ一つ消えていく、「韓国」の字。

ソースは不確かですが、アガサ・クリスティさんはこんな言葉を残しています。「事実(fact)と理論(theory)が合わないなら、私は理論を捨てる」。

当然のように入っていた「日米韓」の韓の字。

「いままで入れてきたから」「隣国だから」という曖昧な理論が、明らかに合わなくなった「事実」により、また捨てられたようです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+200

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5