(※追記しました)日本、7月4日から韓国への輸出規制・・半導体・スマートフォン素材など

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

日本が、いわゆる強制徴用問題に対する韓国への対応措置の一環として、半導体、スマートフォン素材などの輸出規制を行います。明日(7月1日)にでも発表、4日から施行される、とも。

聯合ニュースから引用してみます。

※元ソースは「産経新聞」となっていますが、本エントリーは韓国側の記事の訳となります。いつものことですが本文の<・・「対抗措置」(報復措置)・・>と書いた部分は、原文ママで、本ブログは引用する(韓国側の記事をそのまま使う)以外には「報復措置」という表現は使いません。対抗というのも微妙で、対応がいいのではないか、と思っています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本徴用被害者の賠償判決の問題を巡って、韓国と激しく対立している日本政府が、来月から、事実上の経済制裁を発動する。30日産経新聞によると、日本政府は、韓国の輸出管理の運用ポリシーを変更してTV・スマートフォンの有機ELディスプレイの部品として使用されるフッ素ポリイミド、半導体製造過程で必要な「レジスト(※resist)」とエッチングガス(高純度フッ化水素)など、計3品目の輸出規制を7月4日から施行することにした。

産経は、今回の措置は徴用賠償訴訟をめぐる事実上の「対抗措置」(報復措置)であり、措置が施行されると、韓国経済に悪影響を与える可能性があると予想した。日本政府はこれを7月1日に公式発表することが分かった・・

 

・・日本政府は、同時に、先端材料などの輸出について輸出許可申請が免除されている外国為替管理法上の優遇制度である「ホワイト(白色)国家」の対象から韓国を除外することにしたと、産経は報道した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190630075741426?f=p

さて、日韓関係が、やっと進むべき次のステージになりました。でも、最終ステージではないでしょうし、これからも注目したいところです。

 

※以下、追記です

産経ニュース(産経新聞のネット版)にも記事が来ました。

<・・経済産業省は一連の輸出規制について「日韓関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で、信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっている」と説明している・・>とのことで、説明にも説得力があります。

https://www.sankei.com/world/news/190630/wor1906300013-n1.html

ソース記事の「像」が、じわじわ来る(笑う事案じゃないのに、像を見ているとちょっと笑ってしまう)のは相変わらずですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+218

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5