中央日報「日本は報復カードが100個(枚)はある」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

中央日報が、「日本の報復カードは、100枚はある」という題の記事を載せました。

記事本文には190枚となっているのて、どちらかは誤字だと思われますが・・とにかく日本がいろいろと「措置」を考えているという予想が、専門家から出ているようです。

気になる部分だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・匿名の元高位官僚は「問題は、日本政府が用意したいくつかの報復カードの中、ようやく一枚が出てきたということ」と警告した。半導体核心素材の輸出制限措置に続き、段階的に他の報復カードも用意されているという意味だ

・通商専門家たちは、予想しうるカードとして「農・水産物輸入制限(農林水産省)」、「戦略物資の輸出制限(防衛省)」、「短期就労ビザ制限(法務省)」、「送金制限(財務省)」などを挙げている

 

・深川由起子・早稲田大政治経済学部教授は「日本は、複数の政府省庁が共同で戦略を組んできた」、「報復措置をとったとき、韓国経済に及ぼす効果が大きいカードを長期間検討したと聞いている」と述べた

・教授は引き続き「中国は高高度ミサイル防衛システム(THAAD)で国際法違反を招くような経済的報復をしたが、日本は法律上の問題がない『グレーゾーン(grey zone)』を検討してのカードを取り出した」と分析した

・同じく深川教授は「韓国最高裁判決の後、日本政府は、韓国政府にいくつかの方法で警告したが、韓国政府は反応がなかった。日本政府が静かになることを待ってから、事態が深刻になれば対応するという韓国政府の態度が、今の事態を引き起こしたようだ」とも話した

・シン・ガクス元駐日大使は「日本のメディアによると、日本政府は、韓国に190種類以上の措置を検討している」、「事前にちゃんと対応せず今のような事態に至ったのが残念だ」と話した

・他の元官僚は、「今年の初め、海外のフォーラムで、日本経済産業省韓国担当官僚が『報復措置の可能性がある』と話してくれた。日本企業招請投資説明会(IR)で、民間部門の関係者が『こんな(韓日関係)状況で、日本企業の投資を要請するなんて、正気なのか』と話したこともある」と伝えた

https://news.v.daum.net/v/20190702173422278?d=y

 

他にも「韓国政府のせい」という論調が目立ちますが・・もし韓国政府がちゃんと対応したなら、韓国の世論が黙っていたのでしょうか。

この場合のちゃんとした対応なら、「韓国が今、国際法違反状態だ」ということを認めないといけません。あの裁判を国際法違反だと認めると、韓国民が黙っていたのでしょうか。

文大統領を擁護する気はまったくありませんが、「なぜ事前に対応しなかったのか」と言っても、韓国政府としては、出来ることがこれといって無かったのでは?な気もします。実際、まだ「ききん(基金)ーききんー」と言ってますし。

どうしても「◯◯が引き起こした事態」という表現を使うなら、反日が韓国の「総意」であるのと同じく、この件も韓国の総意によって引き起こされた事態だと見るべきでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

193+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5