「軍艦島」の元住民たち、「朝鮮人差別など無かった」と証言

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

前にも取り上げたことがありますが、軍艦島関連で、日本の民間団体が「強制徴用の嘘」を主張しました。

ニューシースの記事から、引用します。

<・・3日産経新聞によると、軍艦島の元住民などは2日(現地時間)、スイス・ジュネーブの国連本部でシンポジウムを開き、このような(※当時朝鮮人差別など無かったとの)主張を展開した。シンポジウムは、日本の民間団体「国際歴史論戦研究所」が主催した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

前軍艦の元住民である坂本道徳(65歳)は、鉱山労働者だった父親と元住民たちの証言だとし、「挑戦半島出身者も同じ仲間として一緒にお酒を飲んだと聞いた」などの主張を展開した。

彼は「軍艦島が朝鮮人を強制労働させたアウシュビッツのような地獄の島という誤解が世界に広がり、島の名誉が毀損された」とも主張した。シンポジウムでは、軍艦島の元住民たちの声を入れた動画も上映された。

 

今回の行事を主催した「国際歴史論戦研究所」の松木國俊首席研究員は「日本政府が朝鮮人を奴隷労働させたという主張は、歴史的事実ではない」、「歪曲された反日プロパガンダだ」と声を高めた。

今回のシンポジウムでは、韓国の落星垈(ナクソンデ)経済研究所のイ・ウヨン(※이우연)研究委員も参加し、日本側の主張に力を加えた。イ研究委員は、当時の軍艦島の炭鉱で働いていた朝鮮人たちの賃金について「他の職種の朝鮮人と日本人に比べて高かった」、炭鉱での労働強度について「奴隷労働という歪曲された歴史認識が広がっている」などというの主張を展開した。

落星垈経済研究所は、朝鮮が日本の植民地だったおかげで近代化されたという「植民地近代化論」の研究をリードしてきた所で、イ・ウヨン研究委員は、以前から「徴用」、「強制動員」という用語は、歴史歪曲だという論旨を展開してきたことが分かった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190703113845263?d=y

 

 

もうすぐ、「次の本」が発表できます。

いま調整中の原稿でもイ・ウヨン氏のことを(私なりに、ではありますが好意的に)書いていますが・・昨日、原稿の影響もあってか(全然関係ないかもしれませんが)、編集部からイ・ウヨン氏の論文などが話題になっている、と聞きました。

お会いしたこともないのに、間接的に関わりができたのかにゃーと思うと、妙な気分でした。応援していますが、イ・ウヨン氏の身の安全が心配でもあります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

189+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5