「日本の匠魂に感嘆していたのに」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本件が大きな騒ぎになっていることもそうですが、韓国側の記事に面白い(悪い意味で)内容が多くて、ついついこの件だけ更新が続いています。

今回は、地上波放送MBCが、「感嘆していた日本の匠魂が、甕拙な(※器の小さい)『武器』に」という題で報道しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本の素材と部品産業が世界超一流であることは認めなければなりません。数十人のノーベル賞を輩出した基礎科学、匠魂が結合した日本の産業の見習うべき手本として賞賛されています。

しかし、このように築き上げた技術を、外交報復手段として利用し、国際社会に深刻な脅威になるなら、全く異なる評価を受けるしかないでしょう・・

・・専門家は、日本が私たちの弱点に短剣を刺すなら、私たちにすぐにできることは多くないと言います。日本と私たちの技術格差が大きすぎるからです・・

専門家は、世界的に手本とされる匠魂を報復手段として使ったことに遺憾を表しながらも、このような普遍的でないやり方が長くは続かないだろうとも予想しています・・>

https://news.v.daum.net/v/20190703194906719

 

強盗「お金出せ」

常識民「通報しました」

強「お前は街中で褒められている立派なやつなのに何で通報するんだよ」

常「は?」

 

ちなみに、聯合ニュースによると「韓国企業はフッ化ポリイミドの93.7%、レジストは93.7%を日本から輸入している。エッチングガスは、日本産(43.9%)と中国産(46.3%)の割合がほぼ同じ」とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190704092836638

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

151+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5