韓国地上波放送「福島の農産物を全面禁輸にして、福島が安全だとする日本に痛みを与えよう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の地上波放送SBSが、例の輸出規制の件で、「日本の弱点である福島をもっと問題にするのはどうか」という趣旨を報道しました。

個人的に、いままで読んだ関連記事の中で最悪でした。

書いていて胸が苦しくなる話ではありますが、こういう報道があるという「事実」をありのままにお伝えします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓国政府の動きを、おそらく日本も気にして見ていることでしょう。今日(4日)、通常部長官主宰の会議にこの人がいたことも日本は確認しているはずです。戦略物資管理院長です。

その名の通り、戦略物資を管理する役割で、戦略物資が何かというと産業部長官がこの物を輸出すると国際平和、安全の維持、また、国家安全保障、などに問題が生じると判断し、戦略物資として定めると、輸出を困難に、さらには出来なくすることも、法的に可能です。

「目には目を歯には歯を」式で日本に返してやることもできると、ほのめかしたのです。

攻撃対象となっている半導体とか先端ディスプレイを逆に戦略物資にすると、かなりの日本の電子企業が影響を受けることでしょう。でも、私たちの製品は、米国や中国などから代替を見つけやすいという限界があります。

 

だから、最初から考えを変えてみることもできます。例えば、原発事故があった福島地域の農産物の場合、私たちは27種類だけを輸入禁止にしています。

それ以外の食品類は国内に入ってきています。ところが、中国は食品全体を禁止しています。私たちも中国のレベルに合わせて禁輸すると言ってやると、福島が安全だと宣伝している日本としては、かなり痛いことでしょう。

このような全面的な報復戦になると、取り返しのつかないことになり、副作用があまりにも大きいという心配もありますが、国際法が許すかぎり、様々な対応カードを用意しておく必要があります・・>

https://news.v.daum.net/v/20190704202102194?d=y

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

164+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5