与党「文政権の外交の成果」・企業「そう簡単な問題じゃない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今日、「ロシアがフッ化水素を韓国に供給(してもいいという提案)」というニュースがありました。

私が知っているかぎり、韓国がロシアからフッ化水素を買うことは無かった(ほとんどは日本と中国から)ので、どういうことかなと思いましたが・・

それに関して韓国与党は「文政権の外交(北方政策)の成果だ」と喜んでいるものの、企業からは「そう簡単な問題じゃない」という雰囲気です。

前もいくつかの記事で感じましたが、企業側は「やはり日本でないと不安だ」というニュアンスが伝わってきます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・12日、政府と業界などによると、ロシアが最近、外交ルートを通じて、自国で生産したフッ化水素を韓国企業に供給することができるという意思を韓国政府に伝えたことが分かった・・

・・これに対して、政府と与党は、半導体材料輸入先の多角化の観点から肯定的に評価する雰囲気だ。チュ・ミエ加え民主党議員も同日、国会で直接主催した討論会でロシア産フッ化水素代替供給の可能性が挙げられていることと関連し、「文政府の北方政策の成果」と自評した・・

 

・・しかし、サムスン電子、SKハイニックスなど国内の半導体企業は、公式立場を自制しながらも、「私たち企業側とは、なにか連絡があったことは確認されていない」とした。

半導体業界のある関係者は「ロシア側がフッ化水素の供給を提案したものと、実際に私たち企業がそれを日本製品の代替材として使用するかどうかは、別の次元の話だ」と慎重な態度を見せた・・

・・半導体企業がこのように「保守的」な立場をとっている理由は、今後発生する可能性のある、製品の安全性と品質の問題を意識したものでもある・・>

https://news.v.daum.net/v/20190712134900892

 

実際、韓国が使うフッ化水素の中で、ロシアのは無いとのことでして・・韓国製(産?)など日本製以外を使うことはあるけど、それは初期工程だけで、難しい工程になるほど100%日本製を使う、とも。

しかし、北方政策と言われましても・・文大統領、何かやったことあったかな。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

176+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5