韓国「実務協議だったのに日本が直前に格下げ」・日本「3日前から説明会だと言ってるじゃないか」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今日は説明会の日です。何の説明会なのかというと、昨日まで韓国が「両者協議」と呼んでいたものです。

エントリータイトルだけでもシチュエーション的な「説明」は済んだ気もしますが・・聯合ニュースの記事から引用してみます。

<日本が12日東京で予定されて韓日両者実務協議の形式を「説明会」と主張し、代表規模も当初5人から課長級2人に縮小した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・当初、産業通商資源部は、日本の戦略物資輸出統制強化に関連する韓日両者協議が12日午後、東京で開かれたと11日明らかにした。

産業省は、「私たち(※韓国)側では貿易安保課長など5人が、日本側は経済産業省安全保障貿易管理課長など5人が参加する予定」とし、両国間の実務レベルの協議になると説明した。

 

しかし、産業省はこの日(※ソースは11日の夜の記事です)の夜、「代表団は、両側、課長各2人」、「日本経済産業省側が『協議』ではなく『説明会』という意見を送ってきた」と修正し、発表した。ただし、東京駐在韓国側商務官2人は別途で同席する予定である。

これは、日本が直前に代表団の規模を半分以上も縮小し、韓国政府が「両者協議」と続けて解明したことにについて「説明会」という日本政府の立場を教えるよう希望したことによる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190711223715852

 

聯合ニュースは「直前に」日本がスタンスを変えた、というニュアンスで記事を書いていますし、そもそも韓国政府(産業通商資源部)がそう話しているので、記事としてもそう書いたものでしょう。

しかし、私の記憶違いでないなら、日本側は3~4日前から「協議する事案でもない。経緯の説明ならいいかも」と話していました。確か、世耕弘成経済産業相だったと思います。ちゃんと日本語記事で読んだ記憶があります。読売だったかな。

 

・・・と思って探してみたら、ありました。読売の記事です。説明会じゃなくて「説明の場」だったんですね。

<日韓両政府は今週中にも、説明の場を設ける方向で調整している>、と。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190709-OYT1T50171/

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

191+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5