日本政府、韓国の「生物・化学兵器関連物資の密輸68件」を確認か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ニューシースが(元ネタは産経新聞)、「日本政府は、韓国で2016年1月〜今年3月までの間、生物・化学兵器関連物資が68件も密輸された事実を確認した」と産経新聞を引用して報じました。

「日本政府は、独自に入手した情報を使用して、このような事実を把握した」となっており、この前のFNNの報道にあったリストの中から、生物・化学兵器への転用が疑われるものを調査・確認したものだと思われます。

引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本政府は、私たちの(※韓国の)産業通商資源部が2016年から3年の間に摘発した142件の戦略物資の密輸出のうち68件が生物化学兵器関連物資だったという事実を発見した。

ここには神経ガスVX原料であるジイソプロピルアミン、サリンガスの原料フッ化ナトリウム、青酸ガスの原料シアン化ナトリウム、ウイルス兵器の研究に使われる鳥インフルエンザなどの物質が含まれていたと、(※産経)新聞は伝えた。

また、生物兵器の研究と製造に転用することができる熱交換器、遠心分離器、加熱管、バルブなど幅広い商品が含まれているという。このような材料は、北朝鮮と友好関係にあるイランとシリア、パキスタンなどに流れた疑いがあると新聞は指摘した・・

 

・・日本政府は、韓国での密輸出の実態を重く見て、材料の仕様と納品時期などについて韓国側に説明を要求する計画だという。

国際的な大量破壊兵器拡散防止枠組みであるオーストラリア・グループ(AG)は、生物化学兵器と関連した材料を規制対象としている。

日本政府は、AG規制を重視する点で、韓国の関連輸出管理状況を続けて注視する方針だと新聞は付け加えた>

https://news.v.daum.net/v/20190713142340878

 

韓国側の主張通り「問題無い」なら、物の仕様と納品時期などはすぐに資料を提出できるはずです。

「どこに使われたのか」または「(在庫があるなら)いまどこにあるのか」も含めて。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

176+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5