「日本隠し」は政府だけの問題ではない

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

産経新聞の元ソウル支局帳黒田勝弘氏が、産経新聞に韓国の「日本隠し」について文を載せました。

「ソウルからヨボセヨ」コーナーの文で、元ソースはこちらになります

本エントリーは朝鮮日報の記事からの引用となります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・黒田元支局長は13日、産経新聞に書いたコラムで、「韓国は、1965年国交正常化以来、韓国の発展のための日本の協力や貢献などを無視してきた」とし、これは、韓国の消息筋の間では「日本隠し」と呼ばれるとした。

黒田前支局長は、このような表現の根拠として「世界的規模で成長した韓国の自動車産業の3大メーカーの現代自動車は三菱、起亜車はマツダ、ルノーサムスンは日産の助けを借りて、それぞれ成長したが、韓国国民の多くは、これを知らない」とした。

 

黒田前支局長は、このような「日本隠し」が韓国の教科書や博物館の展示などで明らかに現れているとした。韓国の教科書は、朴正煕政府が1965年韓日国交正常化をした当時の反政府学生運動についての記述があるが、経済発展に寄与したという事実は、記録していないという。

 

黒田元支局長は、日本が対韓輸出規制を強化しながら、「韓国が世界に誇る半導体やスマートフォンの核心部品のほとんどが、実は日本製だと明らかになって(韓国の)世論に衝撃を与えている」とし「わずか3種類の輸入素材を制限しただけで、国を挙げての騒動になった」とした。

黒田元支局長は、このような世論の反応は、韓国がこれまで「日本隠し」をしてきたことから起因したものと指摘し、「『日本隠し』は、韓国の経済・社会などすべての分野に存在する」とした。

続いて「この機会に『(韓国が)日本に世話になってきた』という隠された実体が知られると、対日感情も多少改善されることもできるだろうか」と書いた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190714173056707?d=y

 

韓国が「日本隠し」をしてきたのは事実です。そこは異論がありませんが・・それが知られたから反日感情が弱くなることは無いでしょうね。多分、黒田氏もわかっておられましょう(あえてそう書いた、とか?)。

なぜなら、(あえて黒田氏の表現を借りますと)「日本隠し」は、「政府が隠して国民が騙されてきた」などの単調なものではありません。

韓国は、政府も国民も、日本から受けた恩など、「知らない」いや「知ってはいけない」ことを楽しんできました。それに、もし知ったところで、「被害者が受けるべき正当な権利の、極めて一部でしかない。まだまだ日本から受け取らないといけない」として終わりでしょう。その心理の現れが、いわゆる強制徴用賠償判決です。

日本そのものを喰らい尽くすまで、その「正当な権利」という歪みが満たされることはないでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

235+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5