北朝鮮「米国と直接話す。韓国とは話しても無駄」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

北朝鮮が「韓国とは何を話しても無駄。米国と直接話すのが何のかも便利」とし、(韓国側の記事の訳で)『韓国疎外論』と言い切りました。

私もまた率直に言うと、「北朝鮮からするとそれはそうだろうな」ですし・・実はこれ、金日成氏の頃からずっと続いてきた北朝鮮の「路線」の1つです。金正恩政権になってからも、基本的なことは変わっていません。

ですが、韓国側はいまさら『意外だ』という反応のようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<南北米首脳の板門店会合(6月30日)後もまだ南北関係が冷ややかな中、北朝鮮の対南・対外宣伝媒体が13日、「韓米共助」が続く限り、南北が別に対話する必要がないという立場を表明して注目される。

「ウリ民族だけで」はこの日、「疎外論、決して公然な憂いではない」という論評で、米朝首脳の板門店での出会いの後、「韓国疎外論」が台頭しているとし、「私たちとしては、米国の承認なしには一歩も動くことができない相手と向き合って話しあうより、南朝鮮の実権を行使する米国を直接相手し、必要な問題を議論することがはるかに生産的である」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190713103329395

 

基本的に、「韓国が米国と共助を続けるかぎり、北朝鮮は韓国と対話する必要が無い。韓国が独自で何かできるようになったら対話するかもしれない」という内容が続きます。言い換えれば、米国との共助を完全に切れ、ということでしょう。

引用した部分ではありませんが、「韓国が入り込む余地も無いし、入り込んだところでできることもないだろう」という一行が韓国にとってはかなり「痛い」ものではないか・・そう思われました。

「何か出来た」を必死に演出していますから。文大統領は。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5