メルヘン(変)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国大統領府の首席秘書官(民政首席)が、報道資料として出す内容を、先に自分のフェイスブックに載せました。

これだけだと別に大した事案ではありませんが、私は個人的に「手柄をあせっているのではないか」と見ています。まず、概要だけ、記事を引用してみます。

<政府が公式プレスリリースを出す前に、チョ・グック青瓦台民政首席が自分のフェイスブックに先に載せることが起こった。日本の経済報復措置の国内対応と関連した資料で、慎重に処理しなければならないにもかかわらず、SNS活動を軽く考え過ぎではないのか、との指摘が出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20190715070845298?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事でいう資料とは、WTOの会議で公論化した、という内容です。

先にフェイスブックに載ったのは、担当部署である産業部も知らなかったそうでして。

私は個人的に、各部署が『手柄』を焦っているからこんなことが起きたのではないか、と思っています。文大統領におもねる意味も含めて。

 

政府機関だけでなく、マスコミも同じですが、韓国でいう「日本の報復措置」の件で、「韓国が『何か』をやっている」と主張するために必死になっています。

その『何か』を主張するのは、いまの韓国では、手柄になります。

 

日本関連の記事だと、他の話題を見つけるのが難しいほど、いわゆる輸出規制の話ばかりです。

その中でかなりの数のものが(全部ではありませんが)、「不買運動で日本が困っている」「観光が減って日本経済に大ダメージ」「韓国より日本が大変」「韓国叩きにもかかわらず安倍総理の支持率が落ちている!」などの主張で、「韓国にはそんなもの効かない。困るのは日本だ」という願望に彼らなりの根拠を提供すること。それがある種の「愛国」となりました。

 

朝鮮日報などを中心に「このままでは大変だ」という趣旨の記事もありますが、それらの記事には「どこの国の記者が書いたのか」という批判のほうが、強くのしかかります。

今回の「先に載せちゃった(テヘッ」も、そんな雰囲気の中で起きた、手柄合戦の一面・・ではないのか、と。

メルヘン(変)な話ですね。なぜメルヘン(フェアリーテール)なのかというと、具体的なことは何も無いからです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

178+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5