韓国大統領府、「仲裁委員会」を公式に拒否

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国大統領府が、仲裁委(第3国仲裁)構成を公式に拒否しました。

流れは前々から決まっていたものの、私の記憶の限りでは、韓国側の公式に「はっきり」言ったのはこれが初めてとなります。

聯合ニュースの記事から、部分引用します。

<韓国が韓国最高裁の強制徴用賠償判決と関連、紛争解決のために日本が提案した「第3国による仲裁委員会の設置」案について、「受け入れ不可」の立場を明確にした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これにより、一部では韓日間の譲らない対立局面が持続する中で、日本が韓国の「仲裁委設置」の拒否を口実に追加報復措置に出るのではないかとの懸念が上がっている。韓国が請求権協定上の紛争解決手続きも守らないとし、「請求権協定違反だ」と追い詰める可能性も提起されている。

しかし、韓国政府は日本との請求権協定上の紛争解決手続きに入ることに合意したことがないとし、「18日が期限」というのは、日本の主張に過ぎないという反応であるため、成り行きが注目される・・>

https://news.v.daum.net/v/20190716170749521

 

この聯合ニュースの記事ですら、この「紛争解決手続きに入ると合意していないので」という理屈には、それはおかしいという見解を示しています。

<・・韓国が請求権協定の紛争解決手続の発動に同意したことがないので協定に書かれている時限(※18日まで)も無意味だという論理だが、

日本は「強制徴用問題は請求権協定ですべて解決された」と主張するなど、協定の解釈において、両国間に明確な意見の相違がある状況において、「紛争解決手続きに入っていない」という(※韓国)政府の論理は、苦しいという指摘もなくはな・・>

「なくはない」とはしているものの、聯合ニュースがここまで書いたということは・・「いやその理屈はおかしいよ」という意見が、無視できないほど出ているのではないでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

207+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5