河野外相、談話を発表

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

河野外相が、談話を発表しました。

無難な内容ですが、談話として「本件の解決には,韓国が度重なる国際法違反の状態を是正することが必要であり,韓国に対し,そのための具体的な措置を直ちに講ずるよう,改めて強く求めます」とはっきり刻んだことに意味があります。

談話全文はこちら↓です。

大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行について

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

他にも、河野外相が韓国大使に「極めて無礼だ」と話したことなどで、韓国でも多くの記事が出ています。

<・・河野太郎・日本外相が、ナム・グァンピョ駐日韓国大使を呼んで、遺憾の意を伝えた。現地メディアはこの日、河野外相は激昂した様子だったと伝えた。

19日、共同通信、毎日新聞などによると、河野外相はこの日の午前、ナム大使を外務省に呼び仲裁委設置に韓国が応じなかったことについて、「非常に残念だ」と抗議する一方、「韓国政府が国際法違反の状態を放置しており、すぐに是正措置をとることを強く促す」と述べた。

 

この日、河野外相は、自分の激昂した感情をそのまま吐き出したと思われる。毎日新聞は「ナム大使が先月、韓国側が韓日企業が資金を出資して財団を作って徴用被害者に補償する案を提示したことを念頭に置いて『韓国政府の努力の一環として、日本側に構想を伝えた』と話した」と報道した。

これに対して河野外相は、韓国側の通訳がナム大使の発言を日本語で説明することをしばらく止めさせ、「韓国側の提案は全く受け入れられないと随分前からに伝えた」、「それを知らないふりをして再び提案するとは極めて失礼だ」と激しい反応を見せた・・>。

https://news.v.daum.net/v/20190719114840220

直訳ですが、「知らないふりをして」が特に良い感じです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

228+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5