韓国の対抗措置は、GSOMIA解除?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いわゆる輸出規制の件、韓国が、ついに「北東アジアの安全保障協力を脅かすものだ」と声明を発表しました。また、GSOMIA(軍事情報保護協定)を再検討するとも。

韓国日報の記事です。

<文在寅大統領と与・野党5党代表は18日、日本が韓国をのホワイトリストから排除しようとすることについて、「韓日関係と北東アジアの安全保障協力を脅かすもの」というの認識で一致し、超党的協力を念を押した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

特に大統領府は、ホワイトリスト排除が現実化した場合、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の見直しの可能性まで示唆した。大統領府は「原論的発言」と拡大解釈を警戒したが、対日強硬基調をやめないという意志とみられる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190719044342535

 

中央だったか朝鮮だったか忘れましたが、今週になってからのもので、「米国を訪問した韓国外交部の人たちに、米国側は『GSOMIAだけは揺さぶるな』と話した」・・という内容の記事を読んだ記憶があります。

「~だけはするなと言われた。だから~をあえてやったほうが勝ち」という、実に韓国的発想だと言えましょう。

韓国社会では、相手と喧嘩をするとき、あえて「相手がこれだけはだめだと思っている『線』を超える」ことで勝利を確信する・・そんな考え方がある、と本にも書いたことがありますが、似たようなものです。

「アメリカがあんなに困るということは、日本も負担を感じているはず」としながら、GSOMIAという人質を利用しているわけです。

韓米同盟?そんなのどうでもいいでしょう。むしろ「日本のせいだ」という名分のもとで韓米同盟が弱くなると、文在寅氏には好都合です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

219+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5