いつもの意見一致、南北の「日本が悪い」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の正統性が臨時政府なら、北朝鮮の正統性は白頭血統。どちらも「抗日」という共通点があります。

反日で南北が意見を共にするのは珍しいことでもありませんが、今回は特に「日本の(いわゆる)輸出規制」と「南北統一の必要性」を繋げようとする点が目立ちます。

韓国内でも、「日本が南北平和を妬んでのこと」という意見がありましたが、北朝鮮も同じことを言い出しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<在日本朝鮮人総連合会の機関紙の朝鮮新報は、20日、韓国に対する日本の経済報復の意図が韓半島和解の雰囲気づくりを妨害しようとするためだとし、北朝鮮もこれを見過ごすことはないだろうと警告した。

対外的に北朝鮮の立場を代弁する朝鮮新報はこの日、「国際的孤立をもたらす、日本の経済報復措置」のタイトルの記事で、「経済報復の標的は南側だが、朝鮮は今回の事態を対岸の火を見るようにはしない」と明らかにした。

 

朝鮮新報は、日本が韓国の戦略物資統制を問題視して、対北朝鮮制裁違反疑惑を提起したことで「北を言いがかりにして南側への経済報復を合理化」しようとする措置だとし、「通商政策の外皮を被った安倍政権の挑発行為を朝鮮も注視している」と強調した。

それとともに、このような日本政府の仕打ちが「朝鮮半島に造成された平和、統一の新しい気運と首脳合意(南北首脳会談の合意)に記載されて民族和解、北南協力交流の活性化を快く思わない『島国の国民の意地悪な心持ちの現れ』でしかない」と批判した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190720145751269?d=y

・・・・・いや、北朝鮮が国際孤立を言い出すのも「極めて無理でございます」ですが・・・

つい1週間前、同じ体外宣伝メディアである「ウリ民族だけで」が「米国と話すから韓国は入ってくるな」と言ったばかりですが。いまさら和解とか交流とか言いだすとは、これもすごいですね。いつもの悪い意味で。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

157+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5