今度は「日本に同調するのは人間たる道理ではない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日の選挙、改憲可能議席には4議席足りなかった、とのことです。人それぞれ「思ったより残念な結果」とも「思ったより改憲実現に近い」とも取れる結果です。韓国では「改憲可能議席にならなかったので韓国叩きが続くだろう」「安倍総理に大打撃」とかの記事も出ており、的外れなのは相変わらずです。

さて、今朝はまたもや、グーグル翻訳だと「ジョーシニア」とどっかの地名みたいになるあの男、チョ・グック民政首席の迷言集シリーズです。なにせ、10日間で40件以上もSNSに「日本に同調するな」という投稿を載せたそうでして・・

チョ首席、昨日は、「日本に同調するのは無道だ」と投稿した、とのことでして。

韓国には不道や非道という言葉はありませんが、「無道」はあります。人間たる道理から外れているという意味です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<チョ・グック青瓦台(※大統領府)民政首席は、いくつかの政治家とメディアが最高裁強制徴用賠償判決を誹謗、罵倒するのは、表現の自由かもしれないが、無道だと批判しました。

チョ首席は今朝、自分のSNSに投稿した記事で、日本政府が韓国の正統性と司法主権を攻撃する状況で、これを擁護したり、同調するのは次元が違うとし、このように明らかにしました。

チョ首席は、自分の文章は、特定の政派の利益のためのものでも、民族感情を吐露する次元でもなく、大韓民国の一員であれば、陣営を問わず、同じ問題意識を共有すべきだと呼びかけたものだと指摘しました・・

・・過去の主権侵奪国であった日本に攻撃されている状況で、日本政府の立場に同調したり、これを擁護することは、次元が違うと重ねて強調しました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190722090900216

「表現の自由かもしれないが」「~ではなく」と言ってるところを見ると・・多分、昨日「売国奴」発言がマスコミに紹介されて、一部からそんな表現はマズイと指摘されたのではないでしょうか。

 

さて、目を引く「無道」ですが・・韓国でこの言葉知っている人そう多くない気もしますが(最近はあまり使わない言葉です)。

チョ首席が文の中で無道という言葉で攻撃する対象は、もちろん日本及び日本への同調です。しかし、本文にある「表現の自由」もまた、文脈的に無道の攻撃対象(無道という言葉によって意味が大いに毀損される言葉)になっていることに、お気づきでしょうか。

何度も書いていますが、韓国が「人権」「人道」などの言葉を持ち出すことは、それらの言葉を「法」より上に置くためです。

すなわち、この「無道」は、「表現の自由」より上に置くために持ち出したものでしょう。そう、ここでいう無道は、昨日のエントリーにあった「売国奴」と同じ意味です。

「日本に同調する表現の自由より、愛国に反する売国奴であることを優先的に考えるべきだ」と言いたかったのでしょう。ジョーシニア(笑)は。

極めて無道でございます(このネタ使いすぎ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5