チョ・グック首席、文大統領への忠誠を示し、後は法務部長官になる?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログに、圧倒的なネタ提供のオーラを示したチョ・グック民政首席。

大統領府民政首席が交替になるという話があって、シンシアリーとしては「ブログネタ的には悲報だな」と思いましたが・・チョ・グック氏、どうやら、法務部長官になる(可能性が高い)ようです。

聯合ニュースの記事から、チョ・グック氏に関する部分だけ引用してみます。

<・・チョ首席の場合、来月に予定された改閣(※内閣改造)で法務大臣の候補者に指名される可能性が非常に大きい。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

高位公職者の犯罪捜査処設置や検警捜査権の調整など、検察改革において象徴的な人物であるうえ、文大統領の信任もあまりにも厚いことで、チョ首席の名前が上がってきたとたん、政界では「すでに法務部長官に内定したのと同じ」という反応が出た。

チョ首席は、大統領選挙直後の2017年5月民政首席を務めた後、2年2ヶ月間文大統領を補佐してきた。文大統領が盧武鉉政府で記録した「最長寿民政首席」(2年4ヶ月)の期間に少し及ばずして、大統領府を離れるわけだ。

チョ首席は前にも「文大統領の記録を破るなんて、不忠だ」という趣旨を言及し、今年9月になる前に大統領府を離れる意を周辺に示したと伝えられた。

 

政界では、チョ首席が青瓦台を去った後、時間を置いて、法務部長官候補者として人事聴聞会を準備するだろうという観測が多い。

最近チョ首席がSNSを通じ、日本の経済報復事態の世論戦を主導しただけに、これからも懸案について積極的に声を出すだろうという予想も提起される・・>

https://news.v.daum.net/v/20190724090004417?d=y

 

精神論を強調し「戦え、勝て、恐れるな」としていた人が法務部長官というのも韓国らしいですが・・・

・・・記事に、「文首領同士の記録を破るなんて不忠であります」の部分があまりにも自然に書かれていて、ちょっとびっくりしました。

なんでそれが不忠になるのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

167+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5