韓国与党で「GSOMIA破棄」主張が広がる・・「日本より米国へのメッセージだ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の与党である『共に民主党』で、日本との軍事情報保護協定(GSOMIA)を破棄すべきだとの主張がどんどん大きくなりつつあります。

日韓GSOMIAを維持したかったら、米国がもっと仲裁すべきだ、という意味で「日本よりも米国へのメッセージだ」ともしています。

仲裁といっても、「韓国の言うとおりにしろ」ということでしょうし・・GSOMIAは人質みたいなものになりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本の韓国「ホワイトリスト除外」鼻の先まで迫ってきた中、与党内では、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)延長を再検討しなければならないという声がますます高まっている・・

・・与党でGSOMIA見直しを提起する理由は、日本の経済報復に対抗する強硬策として認識しているからだ。日本の経済制裁が両国の信頼を害し、根本的に韓米日軍事協力関係を揺るがす問題だというメッセージを伝えることができると見ている。

また、GSOMIA破棄圧迫が、韓日間の激化する外交葛藤に米国を仲裁者として誘導する手段としても活用できるという。

米国の立場では、GSOMIAは北朝鮮より中国とロシアを牽制するための東アジアの安全保障協力体制となる。米国の北東アジアでの安全保障戦略が揺らぐ場合には、米国が韓日間の葛藤を仲裁する役割に関心を持つだろうという計算である。

党指導部所属議員は「GSOMIA見直しの話は、日本よりアメリカに投げるメッセージだ」とし「日本の経済報復が最終的には韓米国安保協力体系を揺さぶることであるという点を知らせる必要がある」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190727061800012

 

ただ、与党内部でも「米国がどちらかの肩を持つ可能性は低いのに、韓国がGSOMIA破棄を言い出すと、ダメージを受けるのは韓米同盟のほうだ」とし、GSOMIAを維持すべきだという声もまだまだある、とのことです。

それはそうでしょう。この件は最初から「日本より、韓米同盟へのダメージを狙ったもの」。すなわち「反日を利用した反米」でしょうから。

記事によると、この話を初めて言いだしたのは極左・親北政党である「正義党」の代表だそうです。「日本を信頼できない」を示せるから、だとか。

日本にとってダメージは無いに等しいでしょう。日本はすでに「GSOMIA破棄の予定は無い」と言い切っていますし、いわゆる「ボールは韓国側に」状態です。韓国側の反応を見ていればそれでいいだけです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

188+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5