韓国政府関係者「ホワイトリストに韓国が入ったのは特恵ではなく自然なことだった」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国政府関係者が、「韓国が日本のホワイト国家リストに入ったのは当然のことで、特恵でもなんでもない」と述べました。

イーデイリーの記事、部分引用してみます。

<・・これらの国(※日本のホワイトリスト国家)は、ワッセナー合意(WA)、原子力供給国グループ(NSG)、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)、オーストラリアグループ(AG)の「4大国際輸出管理」システムに登録して、「キャッチオール(Catch- All)」制度を導入した日本の友好国という共通点を持っています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

キャッチオールは、輸出禁止品目でなくても、大量破壊兵器(WMD)の開発に利用されることができると思われる場合は、輸出当局は、その材料の輸出を統制できる制度です。韓国は2001年に4大国際輸出管理システムに登録、03年にキャッチオール制度を導入しました。

日本が韓国を2004年ホワイトリストに載せたのも、このような制度を誠実に履行した友好国への自然な措置です。当時、関連省庁資料や報道など、どこでも、日本が韓国をホワイトリストに載せたという内容は見つけることができません。両国間の関係では当然の措置で、特別なイシューでもなかったという傍証です。

産業通商資源部の関係者は、「日本が当時、韓国をホワイトリストに含めたことは、特別な恵沢ではなく、関連した国際輸出管理システムとキャッチオール制度を誠実に履行した友好国に対して自然と行われたものだろう」と説明しました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190727043002402

 

いつものことですが、決める権限がどこにあるのかをまったく考えていません。「9回助けた相手でも、10回目に助けないと、その人からは恨まれてしまう」という韓国社会の特徴がそのまま現れているとも言えましょう。余談ですが、この「権限がどこ(誰)にあるのか」をちゃんと認識しないことは、遵法精神の弱さにもつながっています。

「いわゆる強制徴用」も「いわゆる慰安婦問題」もそうですが、「いわゆる輸出規制」もまた、詳しくは言葉通りの意味(この場合「規制」)ではありません。恵沢を無くしただけのものです。

「~~に加入した友好国だから」というなら、EUなどでも韓国に対して何か優待制度を実行していそうなものですが、そうでもありませんし。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

203+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5