韓国紙「東京新聞の報道はフェイクニュース」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログでもお伝えした「ミカンは戦利品」報道(元ソース:東京新聞)について、韓国側の反応です。

韓国の聯合ニュースが「政府関係者」の言葉とし「フェイクニュースの可能性が高い」と報道しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<北朝鮮が昨年の内部文書でムン・ジェイン大統領が贈ったみかん200tを指して「傀儡が送ってきたみかんは戦利品」と表現したという、日本の東京新聞の報道は、「フェイクニュース」である可能性が高いという分析が出た。

31日情報当局などによると、東京新聞が28日付の紙面で公開した文書は、字体や行間、スペースなどの形式的な側面で、北朝鮮内部の公式文書と全く違う。

単語と単語、行と行の間が一定ではなく粗く、文書に使用された字体も通常の公式文書に使用する字体との違いがあるというのが当局の判断だ・・

 

・・この文書に登場する「トランプ奴」という表現も、昨年6月にシンガポールで開かれた1回目の米朝首脳会談以後、北朝鮮の内部文書から姿を消した表現である・・

・・これに対して、国会情報委員会所属の共に民主党キム・ビョンギ議員は、聯合ニュースとの通話で「政府よりチラシのような日本発のフェイクニュースを信じて大統領を貶める政治の水準に嘆いている」と述べた>

https://news.v.daum.net/v/20190731060006659?d=y

 

「貶める」とは、韓国党ナ・ギョンウォン氏の「みかんを捧げて暴言を言われる偽の平和ではなく、真の平和の道に戻らないといけない」という発言のことだと思われます。

でも、そこまで確実に「フェイク」なら、いまごろ大統領府の人たちが「手柄」狙いで我先にと抗議しているはずですが、公式反応が無いのは気になるところです。

 

 

次の更新は、多分、明日になります!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

32+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5